■プロフィール

komeじいじ

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■カテゴリ
■リンク
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア
鋸山
いよいよ6月、
梅雨入りの声が聞こえる季節となりましたが、
今日は快晴の予報、
朝赤飯の配達が有りました。
この季節はお祭りの季節、仕方ありません。

で、配達の後お出かけです。
近くの鋸山へ、
「じいじ」の手術後初めてです。
どこまで登れるか、試運転です。
遅い出発ですので、既に駐車場はいっぱいです。
道路に止めて、すっかり緑濃くなった登山道を出発です。
IMG_2733x.jpg
IMG_0951x.jpg
IMG_0952x.jpg
IMG_0960x.jpg

直ぐに汗が流れます。

「じいじ」は休み休みながらなんとか登れそうです。
IMG_0968x.jpg
IMG_0966x.jpg

登るにつれ疲労が増します。
で、「じいじ」は花立峠までとします。
IMG_2745x.jpg

「ばあば」は山頂まで行ってきます。
IMG_0984x.jpg
IMG_0983x.jpg
IMG_0977x.jpg

残念ながら、気温が上がり過ぎたせいで
遠くは霞んでしまいました。
IMG_2743x.jpg
花立峠でお昼にします。

そのあとあたりを散策してみました。
IMG_2748x.jpg

キンラン、
IMG_2749x.jpg
IMG_2754x.jpg
IMG_2750x.jpg
この花の少ない時期、貴重な彩です。

ヤマボウシ、
IMG_0991x.jpg

カラフルなカメムシ?
IMG_0989x.jpg

下りも真夏のような日差しに汗が流れます。
IMG_2761x.jpg
IMG_2755x.jpg
IMG_2762x.jpg
時折吹き抜ける風に癒されます。

IMG_2757x.jpg
IMG_2766x.jpg
マムシグサを見るようになればすぐに登山口です。

30℃近い気温にたっぷり汗をかき疲労困憊でした。
今、足が攣りながらの投稿です。

ふっーーーッ!


スポンサーサイト
山のぼり | 22:50:44 | Trackback(0) | Comments(0)
東山周回
GWもいよいよ最終日、
ようやく好天に恵まれました。

まだまだ登るのに時間がかかりますので、
帰りを考えて近くの山という事になります。
で、東山の周回としました。

火打沢コースから登ります。
沢と名がつく通り、川沿いのコースです。
IMG_0490x.jpg
IMG_0495x.jpg

まず成願寺川沿いに車道歩きです。
初夏の日差しに、清流の音が心地良いです、

IMG_0502x.jpg
細くなった川を渡ると登山口です。
段々田んぼの跡にこごみの群落の中を
木の芽を摘みながら登ります。
もう一度川を渡るといよいよ急登が始まります。
100m余を一気に登ります。
この時期はカタクリの花々に癒されての登りですが、
今年はすっかり散り果てていました。
登りきると残雪の合間にカタクリが咲いていました。
IMG_2554x.jpg
IMG_2555x.jpg

他に、
エンレイソウ、
IMG_0514x.jpg
チャルメラソウ、
IMG_2538x.jpg
IMG_2536x.jpg
トキワイカリソウ、
IMG_0513x.jpg
IMG_0512x.jpg
アズマシロカネソウ、
IMG_2568x.jpg
IMG_2562x.jpg
スミレも沢山咲いていました。
IMG_2539x.jpg


サンカヨウの花を見ると、
IMG_2544x.jpg
IMG_2546x.jpg
杉林を抜け日当りの良い斜面に、
IMG_2541x.jpg
木の芽とワラビの収穫に時間を割きます。

源流域の湿地帯、
山ぜりの中を流れる水がキラキラと輝きます。
IMG_2550x.jpg
IMG_0525x.jpg
IMG_2569x.jpg

昔の田んぼの跡地にこごみが成長していました。
IMG_2570x.jpg

IMG_0538x.jpg
IMG_0539x.jpg
IMG_2574x.jpg
IMG_2576x.jpg

ここから急登一登りで、八方台への車道に出ます。

道端の木の芽を摘みながら一歩きで八方台、
IMG_2589x.jpg
IMG_2588x.jpg
IMG_2583x.jpg
今日は採りません。

沢山の人達が車で訪れていました。
ベンチで守門岳を眺めながらお昼にします。
IMG_2591x.jpg
IMG_2597x.jpg
遠く粟ガ岳の奥には、写真では解りづらいですが、
飯豊の山並みが見えていました、

下りは見晴し尾根とします。
IMG_2613x.jpg

すっかり緑のトンネルとなった道を下ります。
先日の市民登山の後ですので、途中のコシアブラは見事に積まれて後です、

途中鉄塔の周りでワラビを摘んで、後は乾燥して歩き易い道をひたすら下り登山口に下ります。
IMG_2616x.jpg
IMG_2617x.jpg

帰宅後広げた本日の収穫、
結構な量になりました。
IMG_0540x.jpg
IMG_0541x.jpg
IMG_0542x.jpg
走りの山タケノコも晩酌のつまみに戴きました。
ビール共々ウンメェかったです。

いいGWの締めくくりでした。




山のぼり | 20:38:26 | Trackback(0) | Comments(0)
大白川の山
3月25日日曜日、
快晴の天気予報につられて、
大白川の山へ、
浅草山荘の駐車場に止めます。
IMG_9595a.jpg
IMG_9597a.jpg
IMG_9598a.jpg
まだまだタップリの雪です。
予報に反して曇り空です。

いきなりの急登です。
ブナ林の中を頑張ります。
IMG_9603a.jpg
IMG_9607a.jpg
IMG_2221a.jpg

登るにつれ背後には守門岳方向の展望が開けてきますが、
IMG_9620a.jpg
雲が掛かっています。
IMG_9612a.jpg
IMG_2223a.jpg
IMG_2224a.jpg
次第に青空が広がってきますが、
冷たい風が頬を打ちます。
今回はスノーシューを履いているのでドフリませんが、
至るところで尾根の雪が割れています。
IMG_9619a.jpg
IMG_9623a.jpg
IMG_2226a.jpg

ますます増す傾斜に息が上がります。
ひとしきり登りきれば、
IMG_9669a.jpg
900mの尾根に上がります。
IMG_9661a.jpg
IMG_9673a.jpg

これから長大の尾根歩きになりますが、
ますます吹き付ける風が強く頬を打ちます。
北岳はまだまだ先です。
で、ここで心が折れます。
今日はここまでとし、下ります。
IMG_9675a.jpg

霞みながら越後三山も見えていました。
IMG_2228a.jpg

いよいよ雲が流れ、きれいに見えてきた守門の展望を眺めながら下ります。
IMG_2240a.jpg
IMG_2237a.jpg
IMG_2241a.jpg

スノーシューを履いての急坂の下りはきついです、
何度かしりもちをつきながらようやく杉林に入る頃には足はパンパン、
風が遮られ、日差しに汗が流れます。
ゆるんだ雪に足を取られながら戻りました。
IMG_2248a.jpg
IMG_2246a.jpg
浅草山荘で温泉に入ろうと思いましたが、
温泉供給管の損傷で昨年来入浴が出来ないと断られました。

帰りに道の駅、入広瀬でそばを食べてきました。
道の駅からは守門が白く光って見えました。

家に帰り冬囲いの後片付けをしましたが、
暑くひと汗かきました。
その後で入った風呂が気持ち良かったです。
もちろんビールの晩酌付きです。



山のぼり | 22:48:59 | Trackback(0) | Comments(0)
見晴し尾根
3月に入り三寒四温がズバリ当てはまり、
日曜になるとお天気に恵まれます。
で、今日も昨晩からの好天で、冷え込みはきついものの
朝から快晴に恵まれます。

2月には入れなかった成願寺の奥へ行ってみました。
IMG_9386a.jpg

ようやく例年並みに雪が消え、広い道路の端に路駐、
朝日の中を登ります。
IMG_9389a.jpg

杉林の中からいきなりの急登から始まります。
IMG_9395a.jpg
IMG_2004a.jpg
昨晩の冷え込みで雪は締まりツボ足で十分登れます。
IMG_2005a.jpg
IMG_2013a.jpg

直ぐに右も左もマンサクの中の登りです。
IMG_9410a.jpg
IMG_2015a.jpg
IMG_2023a.jpg
IMG_2027a.jpg
毎年この時期に登ります。
目玉は此のマンサクの尾根と、登りきった稜線からの展望です。
IMG_2037a.jpg
IMG_2038a.jpg
少し時期は過ぎたものの色が少し褪せていますが、
まだまだ鮮やかな花も見られます。
IMG_2050a.jpg

赤っぽいマンサクも、
IMG_2055a.jpg
まさにマンサク尾根です。

第一鉄塔まで登ると日差しが暑くなります。
先週とは大違い、時折吹き抜ける風が心地良いです。
IMG_2017a.jpg
IMG_2018a.jpg
IMG_2048a.jpg
マンサクの中を登ると第二鉄塔への登りに、
IMG_2064a.jpg
IMG_9456a.jpg
刈り掃われた道は雪原の登りとなります。

展望が広がります。
米山から刈羽の山の奥には、妙高連山の山並み、
IMG_2065a.jpg
弥彦の隣には佐渡の山並み、ドンデン山が白く光っています。
IMG_2071a.jpg
IMG_2073a.jpg
IMG_9479a.jpg

此処からもマンサクの尾根道ですが、
今年は雪消えが進み、灌木の薮が、
IMG_2069a.jpg
IMG_2070a.jpg
歩きづらいです。

マンサクは見えてはいるものの周りの木々が邪魔です。
IMG_9491a.jpg
早くも蝶が舞います。

途中の急登一登りで、尾根上部に、
急に雪の多い道になり、
IMG_9510a.jpg
IMG_9514a.jpg
マンサクも色鮮やかに、
IMG_9527a.jpg
IMG_2101a.jpg

稜線の電波塔、
IMG_9533a.jpg

直に車道に出て、その先の稜線到着、
IMG_9539a.jpg
IMG_2110a.jpg
目の前に広がる、雪山の大展望、
守門から、粟ガ岳、
その奥には飯豊の山並みも、
IMG_2114a.jpg
雪解けの春の時期には珍しい大展望です。

IMG_2118a.jpg
ぽかぽかの陽だまりの中でまったりとお昼です。
時々吹く風も寒くはないです。
いよいよ春ですネ、

空には鮮やかな彩雲が表れていました。
IMG_2128a.jpg
IMG_2129a.jpg
IMG_9555a.jpg

後はマンサクの尾根を下ります。
IMG_2133a.jpg
IMG_2137a.jpg
IMG_2169a.jpg
IMG_2172a.jpg
IMG_2143a.jpg
IMG_2196a.jpg

気温の上昇にも雪は締まっていて、
時折踏み抜きますが、
カンジキはお荷物に終わりました。

麓の杉には真っ赤に色づいた、杉玉が沢山実っていました。
花粉で足元の雪が黄色くなっていました。
IMG_2207a.jpg
IMG_2208a.jpg
IMG_2209a.jpg

一日穏やかな春の陽を浴びてまったりと過ごした彼岸の入りでした。




山のぼり | 20:59:12 | Trackback(0) | Comments(0)
桑代山
先週に続いて好天の予報、
で、今週は栃尾の桑代山へ登ってきました。

栃尾の道の駅の先、菅畑の除雪終了点から登ります。
晴れながら午後からは崩れる予報、朝早めの出発です。
IMG_1896a.jpg
IMG_1899a.jpg

IMG_1900a.jpg
付けたての先行者の足跡とウサギの足跡を追います。

予報の的中を予感させる雲が流れます。
IMG_1904a.jpg
昼過ぎまでは大丈夫でしょう、と、楽観主義、
足下は昨晩の冷え込みで硬く締まりシミ渡りできます。
40分ほどの車道歩きで、ようやく登山道。
IMG_9266a.jpg
IMG_1905a.jpg

青空の下雪山は気持ちが高揚します。
IMG_9275a.jpg
IMG_9281a.jpg
IMG_9283a.jpg
しまった雪道をツボ足で登ります

咲き始めたマンサクが朝日に映えます。
IMG_1910a.jpg
IMG_1915a.jpg
IMG_1911a.jpg

山頂が近づくと開けた雪原にカモシカの足跡があちこちに、
右往左往状態です。
IMG_9291a.jpg

宇宙人襲来!!??
IMG_9296a.jpg

昨晩の冷え込みで出来た、
霧氷が朝日に光って奇麗でした。
IMG_1921a.jpg
IMG_1926a.jpg

で、稜線到着。
IMG_1928a.jpg
青空ながら、眼前の守門岳には、雲がかかていました。
IMG_9303a.jpg
IMG_9310a.jpg

それでもまだまだ青空、
今回は、丸山に向かってみます。
IMG_1938a.jpg
IMG_1930a.jpg
IMG_1936a.jpg
ブナ林の雪原が広がります。
が、眼前の守門岳は相変わらず雲が掛かりスッキリ見えません。
IMG_1944a.jpg
IMG_1939a.jpg
まだまだ先の丸山はまたの機会に、
IMG_1950a.jpg
IMG_1956a.jpg
稜線のブナは芽が膨らみいよいよ春を迎えます。
IMG_1957a.jpg
IMG_1953a.jpg

分岐まで引き返して
桑代山山頂へ変更、
IMG_9358a.jpg
IMG_1961a.jpg

この頃には雲が広がり、冷たい風が頬を打ちます。
IMG_1964a.jpg
IMG_1963a.jpg
IMG_9360a.jpg

分岐まで戻ります。
此処で風をよけて昼食にします。
IMG_1977a.jpg
IMG_1973a.jpg
IMG_1974a.jpg
まったりとひと時を過ごし、
下ります。
IMG_1978a.jpg

春の日差しに足下の雪が緩み
カンジキ、装着、
IMG_1986a.jpg
IMG_1988a.jpg
IMG_1990a.jpg

長い車道歩き終了の頃にはすっかり雲が広がって
冷たい風が吹いてきました。

道の駅により、トイレを済ませる頃には雨降りとなりました。

松兵衛のあぶらげと寄せ豆腐を購入、
晩酌の御つまみにします。


山のぼり | 22:31:00 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad