■プロフィール

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■カテゴリ
■リンク
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

■フリーエリア
もうすぐ七夕
今日から7月。
今年も半年終わりました。
高齢化とともに
ますます時のたつのが早くなります。
イヤーンなりますテ。
なぜ年をとると時間の経つのが早くなるのか
近い内にじっくりと考えてみようと思います。と、
言っている内にあっという間に数日が経ってしまうと思います。
この辺に原因があるがかもふう・・・。

今日保育園組みのイックンとタイチクンが七夕飾り
造って持って帰りました。
早速裏口に笹の葉に下げて飾りました。
いろいろとかわいい飾りを作ってきました。
先生方も大変です。七夕0000_R
子供の頃家から見た、
天の川も見られなくなって久しいです。
何十年も前のことになります。
すっかり夜でも外を歩くのにも明かりがついて、
便利になりました。
そういえば子供の頃、家の中にも蛍が迷い込んで
蚊帳に止まって光っていた事もありました。
七夕飾りを見て、ふと、昔を思い出しました。
年をとって、便利を得て、変わりに、失ったものに
だんだんと気がついてきました。


また、見えないからですが、
星空を見上げることもすっかりなくなりました。
また、夜も結構忙しくなりましたし…

昨年の1月に鋸山に日の出を見に登った時に、
真っ暗な登山口で見た満天の(周りが山なので、頭の上にしか見えませんが、)
空にはこんなに星があったんだと感動しましたテ。
ほんとにきれいでした。三脚を持っていれば写真を取れたんですが、
心にしっかりと焼き付けておきます。
その時に山頂から見た日の出です。
日の出
寒い中
じっと待って拝む御来光は格別です。

ぜひ、七夕の夜も晴れて、
子供たちの願いが届きますように
星空が眺められたらと、願います。





スポンサーサイト
| 22:42:01 | Trackback(0) | Comments(0)
野鳥
今日もアッチェー日でした。

ここ数日前から、
小鳥の雛のチュンチュンと言う声が聞こえていたんですが、
スズメがみよけたとばかり思っていました。
今日改めて見てみたらスズメではなかったんです。
ちょっと見かけない鳥でした。
野鳥子育て_R   野鳥子育て2_R
雛はチュンチュンとかわいい声で鳴きますが、
親鳥は、ギャーギャーと似つかわしくない声で鳴いています。
オスとメスが交互に餌を運んでくるようです。
餌はどうやら昆虫のようです。
野鳥3_R

ふだん野鳥には縁が無く、
スズメやハトやカラス当しか分かりません。
どなたか分かったらご連絡下さい。
山ではコガラなどはよく見かけますが、
平場の小鳥は、
どうも名前が分かりません。
ヒナもだいぶ大きくなっていて、
もうすぐ巣立ちのようです。IMG_5681_R.jpg
親鳥を待ちわびて、巣からだいぶ身を乗り出したいます。
カラスが多いので、巣立つまで、襲われないように
願っています。
以前、雁木に巣をかけたツバメの雛がカラスに襲われたのを
見たことがあります。
親鳥は必死にカラスを牽制するんですが、
体型が違います。強者に弱者、汗
無残にもツバメのヒナは、カラスに持ち去られ、
巣は、ぼろぼろの地面に落されてしまいました。

もうすぐと思われる巣立ちまで頑張れ
IMG_5629_R_20080703002525.jpg

明日も仕事の合間に見ていようと思うんですが、
巣は隣のアパートの裏の外壁の通気口?見たいな穴にあります。
そこを自宅の窓から、望遠レンズで狙っている姿は、
どう見ても、不審者?ショックです。
通報されませんように…
気をつけて観察したいと思います…

天気予報では明日もアッチェー一日になりそうです。。
それも蒸アッチェーようです。
「じいじ」にはこたえる一日になりそうです。

皆さんもお身体に、お気をつけてください。


よもやま話 | 00:20:12 | Trackback(0) | Comments(0)
野鳥の試練
今日も一日蒸しアッチェーかったです。

そんな日に思いがけない事件が起きました。

昨日の野鳥の巣が撤去されてしまいましたガーン
隣のビルに、巣のあった換気口に
カバーを取り付けるために、工事の方がやってきたのです。
作業員の方も、野鳥の巣があるとは、
思いもかけないことで戸惑っていました。かお
ヒナは三羽いて、一羽はすぐに飛び立ったそうですが、
残りの二羽はなかなか巣から出ようとしないで、
強制的に追い出そうとしますが、奥に入って苦労されていました。
その内に、どうやら飛び立ったそうですが
一羽はまだほとんど飛べずに、地面に落ちるように
飛び出したようです。
早速カラスの襲撃です
その一羽を狙って二羽のカラスが襲いかかります。
親鳥は、ギャーギャーとカラスに向かいけん制しますが、
カラスは執拗にうまく飛べないヒナを
襲います。
親鳥の悲鳴に近い泣き声が聞こえていましたが、
必死の抵抗にもかかわらず、どうやらヒナを守りきれなっかった様です。
カラスの姿も見えなくなりました。
その後親鳥と一羽のヒナは確認できましたが、
後は確認できませんでした。
これも自然の流れでしょうかネ
工事が後二三日遅ければ無事に巣立てたかもしれませんが、

かわいそうでしたが
絵文字名を入力してください

どうしようもない出来事でした。
これも自然淘汰というんでしょうか。
人の社会と野鳥の営みと切り離せないほど、
接近していると思い知らされる出来事でした。
あ、野鳥の種類が分かりました。「コムクドリ」だそうです。
最大に試練に出くわしても、生き延びるしたたかさは、 野生の強さです
その辺の危機意識は、人間のほうが弱くなっている事を
改めて感じさせられた出来事でした。
生き延びたヒナと親鳥たち、
がんばって生き抜いていくことを祈ります。

よもやま話 | 21:03:23 | Trackback(0) | Comments(0)
7月4日
蒸し暑い日が続きます。
今日も午前中は時折雨が降ったり、やんだりしていましたが、
午後からは時折日の差す、じっとりとした一日でした。
どうにもこんな日が苦手です。
どうもいつも皮膚がさらっとしていないと気持ち悪いです。
何か皮膚が湿っていると、
皮膚の上に皮膜が張り付いたような感覚がして
ついついさっぱりとしたくて、タオルでごしごしとコスッテしまいます。
それで、首の回り、特に耳の後ろや、腕など、露出している部分が
こすりすぎてヒリヒリしています
カラッとしてーです。
汗かいてもすぐに乾くような夏がいいです。
が、まだまだ先になりそうです。
汗、拭き拭き書いてます。
今も晴れて星が出ていますが、
戸をあけても、そよとも風が入ってきません。
蒸アッチェーです。



よもやま話 | 00:33:12 | Trackback(0) | Comments(0)
燧ケ岳
今日、梅雨の晴れ間、
(といっても空梅雨なんで、
毎日のように晴れてるんですが。)
思い切って、遠出して、
尾瀬の燧ガ岳に登って来ました。
補正010_R  補正002_R
補正008_R  補正009_R

登山口の檜枝岐の御池までは、
車で約3時間かかるんです。
チイッと遠いんですが、
がんばって登って来ました。

標高が高ければ暑さをしのげるかと思って、
いったんですが、
梅雨の晴れ間、やっぱり蒸アッチェーかったです。
汗をたっぷりとかいてきました。
登りも下りも水分補給をする後から汗になって、
噴きだす、かなり大変な山行でした。

帰りの車の中でも、水分補給をしながら帰ってきましたが、
まだ足りずに、家に帰って一風呂浴びてから、
ビールで充分水分補給したんで、
眠ったくなりました、
詳細は、また改めて書きます。
ぜひ、また見に来てください。

おやすみなさい。

山のぼり | 22:03:38 | Trackback(0) | Comments(0)
燧ケ岳番外
今日は、朝から雨降りで、
今年には珍しい梅雨にふさわしい一日でした。
気温はそんなに高くは無いんですが、
じめっとした空気は、気持ちのよいものではありません。

そんな、イヤーな気持ちを増長する事態が、
かゆい、とにかく痒いんです。涙
というのは昨日、山に登った事に原因が…
燧ケ岳のような標高の高い山では、
今までこんなに虫に襲われた事は無かったんですが、
昨日は違いました

登山口から、途中の熊沢田代あたりまでは
虫も気に成らなかったんですが、そこを過ぎた辺りから、
小さな虫が頭の周りを飛び交うようになり、
時折顔にぶつかって来たりして、
口も開けられません。うっかり口で息を吸おうものなら、
口の中に入ってしまいます。
登ってもズーッとついて来ます。
「ばあば」は思いがけずに虫除けネットが役に立ったと、
暑いのを我慢してかぶってました。

山頂でも相変わらずに、虫たちの襲撃に脅かされ続けました。
「ばあば」も食事にはネットを外さざるを得ません。
虫たちのの襲撃を甘んじて受けながら、
ビールとラーメンを楽しんでいるから一層の事
虫が寄って来る訳で…
ちょっと見にくいですが、
頭の周りのごみみたいなのが虫です。
何虫かは分かりませんが…燧ケ岳_076_R

そうして、山飯を満喫した結果が今日になって現れたんです。
刺されたところが、かゆみが腫れを伴って我慢出来ないほどひどいんです。
我慢できずに掻くと気持ちいいんですが、後が一際痒くなり、
熱をもって来ました。
山から降りてきた時より、翌日になって益々ひどくなってきます。
今日の蒸し暑さがいっそう不快感を高めてくれます。
腿の筋肉痛もあるんですが、それ以上に痒みが勝ります。
人に頼まれていってきて、こんなになったら絶対我慢で傷に文句を言うんですが、
誰にも頼まれずにいってきた結果です。
ひたすら耐えています。ちょっとお見苦しいので、小さいサイズにしました
クリックすると拡大しますのでご注意下さい。耳の後ろ_R P1020236_R.jpg
山行の詳細は、これから書きますが、集中力がかけてますので時間がかかりそうです。
が、何とか記録に残そうと思いますので、がんばって掻きます、書きます。
また見に来て下さい。
本日は、これ位で、

山のぼり | 22:10:07 | Trackback(0) | Comments(1)
燧ケ岳登って来ました
燧ケ岳を登って来ました。
尾瀬の北端にそびえる、名峰です。

梅雨の真っ最中ですが、
今年は空梅雨です。
おかげで日曜日は、雨の心配もなさそうでしたので
遠出する事にしました。
御池から登ります。
広沢田代では、草原に池塘が点在して、ひんやりとした風が心地よく吹きます。
燧ケ岳_044_R

周りには、ワタスゲ、足下には、ヒメシャクナゲ、タテヤマリンドウが群生していました。

熊沢田代を過ぎ、雪渓を上り、俎に登ります。
眼下の尾瀬の眺望は、絶品でした。
詳しくは続きをどうぞ
長くなりますのでご注意!!


続きを読む >>
山のぼり | 23:37:53 | Trackback(0) | Comments(2)
7月9日
当長岡も
いよいよ梅雨本番になって来ました。
雨が降ったりやんだりの天気です。
薄日が差せば、ますます蒸し暑い日が続いています。
暑くなって、ビールのうまい季節になりました。
ビールと言えば枝豆、
大好物の枝豆が庶民の、食卓に並ぶ季節になりました。
今晩も孫たちと奪い合うように食べました。
茹でたてはウンメーです。

そんな中、御中元の季節です。
毎日御中元用にご注文を頂き、
発送させていただいております。
ありがたいことです。 
暑い時期においしいお米みそ漬け釜めしの素などは
喜んでいただけているようです。
感謝!

先日燧ケ岳の時の虫さされの痒みもようやく、
収まって来ました。ご心配ありがとうございました
昨日の記事も、アップできなかった写真を、
掲載いたしました。
長くなっておりますが、ぜひご覧下さい。


よもやま話 | 23:32:58 | Trackback(0) | Comments(0)
7月10日
今日も晴れてアッチェー一日でした。
やっぱり空梅雨で終わるんでしょうかねー
後でまとめて降って、大雨の被害が出ねえといいんですが。

今日は10日、
そう我が家は、餃子の日です。
今日はお父さんが遅くなると言うので、
餃子を1パック減らしたんですが、

「じいじ」も少し送れて食卓についたら、
もう一皿が空になろうとしていました。
イックンが猛烈に食べていました。
お兄ちゃんのヒロ君は、いつも一番食べるんですが、
さすがに遠慮してあまり食べられなかった様で、
後で、お母さんの分を分けて貰っていました。

孫たちも、大きくなっていっぱい食べるようになって、
だんだんたくましくなって来ます。

お父さんがいないんで、ユズは「じいじ」とお風呂です。
ユズはお風呂好きで、いい子で入ってくれるので楽なんですが、
汗っかきの「じいじ」は、
上がった後、いつまでも汗が止まらずに大変です。

今「ばあば」はユヅにミルクを飲ませて、
寝かしています。
「じいじ」は汗、カキカキ書いています。
少し涼しい風が入ってきました。
どうやら汗まとまりそうです。

アッチェー我が家の夜でした

PS.
燧ケ岳の虫刺されも
ほとんどよくなったんですが、
時々思い出したように、
痒くなります。
掻きだすとますます痒くなり、
困ります。やっぱり全治一週間くらいかかりそうです。


よもやま話 | 21:21:49 | Trackback(0) | Comments(0)
夫婦の会
今日は約三十年ぶりに、
親友と「夫婦の会」の復活です。
独身の頃飲み歩いていた高校からの同級生3人が、
それぞれ結婚したからも、夫婦でチョコチョコ飲み会を開いていた仲間です。
その後、子供が生まれたり、転勤したりで、
なかなかそろっての飲み会は出来ずに、
あっという間に月日が経ってしまい、
いよいよ還暦を迎える年になりました。
転勤していたT夫婦が、定年で帰ってきて、
飲み会の実現です。が、
今日はT夫妻との4人だけです。
もう一組のWが先月亡くなってしまい、
3夫婦での再開は、叶わなくなってしまいました。
残念です。

きょうはWを偲んで、
4人だけで、ちょっと寂しいですが…
久しぶりの再開を楽しんできます。
これから支度して、お出かけです。


よもやま話 | 18:23:44 | Trackback(0) | Comments(0)
夫婦の会Ⅱ
昨晩は久しぶりでしたんで、
次から次から、話題が尽きずに、
時間とともに、アルコールも尽きずに、
料理もぜーんぶ平らげて、
勢いに任せて、二次会へ、アップロードファイルペロッ
行きつけのスナック、「開運」へ
ハナ金と言うことで、込み合っていましたが、
何とか4人分の席を開けてもらって、
また、昔話に花、咲かせてきました。
それでも帰りは11時過ぎです。
もう、そこいら辺で力尽きてしまいます。顔文字1(背景黒用)
どちらかとも無く、お開きとなります。
昔の話には花が咲きますが、
体力は花が咲きません。
着実に衰えている様ですテ。ぉぃ

今日は朝から、日も差さないんですが、
蒸し暑い日でした。
昨晩の採りすぎた水分が汗となって、
ジュクジュクとあふれ出して、
二日酔い気味の気分とあいまって、
気持ち悪~りかったですテ
夕方になって少し涼しくなって、
ようやく気分もすっきりとして来ました。が
疲れました。

それでも、「じいじ」は冷奴で晩酌つきで、
夕飯をいただきました。
さすがに「ばあば」は、晩酌は抜きでした。
呑むのも疲れる年になってまいりましたて。
今日は早くに、風呂入って寝よかと思います。


よもやま話 | 21:07:13 | Trackback(0) | Comments(1)
鋸山へ登ってきて
今日は鋸山に登って来ました。
先日の夫婦の会で呑んだアルコールがまだ残っているようですので、
たっぷりと汗をかきたかったんで汗汗汗
アッチェーのを承知で登ることにしました
「ばあば」は少し疲れ気味なんで、
今日はやめておくそうで、「じいじ」一人で行ってきました。
昼から、ユズの子守をおおせつかっているんで、
4時半に起きて出発し、5時半位から、
登り始めました。
気温はそんなに高くないけれど、
風がないので、予想通り汗が噴出します汗
一人だとペースが速まり、いっそう汗が出ます。
ポカリを呑みながら、汗をかきかきひたすら登り、
稜線に近づくと、ようやく涼しい風が吹いてきて、
一息つけます。
体の中に溜まった毒が抜け出るようなさっぱりとした感覚です。
あと少し登ると、花立峠に登りつきます。
ここからは鋸山の名の通り、
いくつかのアップダウンを繰り返して、
山頂に向かいます。
途中、クルマユリを見ながら20分ほどで鋸山山頂です。
IMG_5851_R.jpg
まだ日も高くない時間ですので、日差しはあるものの、
風が心地よく、下界を眺めながら呑む、
背負ってきた、缶ビールが腹に染み渡ります。
体の毒を出しに登って、改めて注ぎ込むビールの味はまた一層
ウンメーです。エッ、また呑むのって言われそうですが…

後はまた来た道を下ります。
今日咲いていて花たちを紹介しておきます。
IMG_5843_R.jpg  IMG_5885_R.jpg  IMG_5890_R.jpg
  クルマユリ          ウツボグサ          ホタルブクロ
IMG_5907_R.jpg名称未設定 1_R
       オカトラノオ              ヤマアジサイ
オトギリソウ_R
 オトギリソウももう咲いていました
           
かえってシャワーを浴びてから、
ヒロクンの工作が長岡市小・中学生美術展に展示されているんで、
皆で見に、中央図書館へ行きました。
大勢の人たちが見に来ていました。

ヒロクンが木工教室へ体験に行って作った作品です。
ヒロキ作品

帰ってから、「ばあば」と二人でユヅの子守です。

アチェー日でしたが、風が入って
気持ちよくユズと昼寝が出来ました。
夕飯は、「ばあば」の揚げたてんぷらと、
十日町の「つまりそば」
さっぱりと頂きました。

朝、早いと長ーがい一日でしたが、
とてもハッピーでした。
夜になって涼しい風が入ってきました。



山のぼり | 21:22:06 | Trackback(0) | Comments(1)
鋸山partⅡ
今日は午前中は蒸しアッチェーかったんですが、
午後からは、北風が吹いてきて、
梅雨明をを思わせる、爽やかな陽気になりました。
まだ、梅雨明けは、してないですが…
青空が広がり、孫たちが、
庭で遊んでいて、飛行機雲を見て喜んでいました。
まもなく梅雨明けでしょうか?

先日登った、鋸山で
こんな笹の葉を見つけたんで、
写真を撮ってきました、
「じいじ」としてはよく見かけるんですが、
ちょっと珍しいかなー、切り取り線?
IMG_5829_R_20080715211102.jpg
そう、虫食い穴なんですが、
どうやって、横一列にきれいに並べて
笹を食べたんでしょうか?
ちょっとした事なんですが、
答えが分かるまでは、不思議な体験じゃ無いでしょうか?

P1020015_R.jpg

この写真でちょっと分かりにくいんですが、
この形が答えです。

そう、察しの良い皆さんは、お分かりでしょう。
この新芽の丸まった状態で、虫(どんな虫かは分かりませんかお
が穴を開けるんです。
そのまま笹は、成長を続け、
一枚の葉っぱに開いた状態が、
上の写真です、
ちょっとした、オブジェにいかがでしょうか、
探すともっときれいに穴が並んだ葉っぱもありますよ。
笹のあるところに行ったらぜひ、探してみて下さい。
きっと、見つかりますよ。

自然の中には、いろんな芸術が有りますよね、
とても真似できない様な…

山のぼり | 20:59:58 | Trackback(0) | Comments(1)
今日も昨日に増して、
アッチェー日でした。
最高気温33度という事でしたが、
体感的には、40度近い気がした日でした。

そんな中、業者の集まりで、
ビアホールで、飲み会があり、
今帰ってきたところです。
呑み放題、食べ放題のとこでしたんで、
生ビールはもちろん、ワインに焼酎と、
いい気になって呑んで、食べて、
今は大分おなかが苦しい状態です。
やっぱり根が好きなもんで、
放題、と言う二文字には後のことを考えずに、
行き過ぎてしまいます。
意地汚ネーですネ。
ちょっと反省してます。が
やっぱり呑んで食って、ウンメーかったです。

やっぱり今日はアッチェーかったんで、
随分と大勢の人多たちで賑っていましたが、
ラストオダーの8時半になってばたばたと人が帰っていっても、
料理がたくさん残っていました。
ほんとにもったいないことです。
料金には含まれているんでしょうがネ

いよいよ、飲んだアルコールが汗となって噴出してきました。
今日はそろそろ限界です。
おやすみなさい。

よもやま話 | 21:44:09 | Trackback(0) | Comments(1)
夏祭り
明日からの3連休
近所の神社で夏祭りが、たて続きに
催されます。

わが町内は、6月にすでに終わりましたが、
御太子堂。下中島の稲荷神社
周りの町内で、次々と催されます。
おかげさまで、当店のお赤飯
ご好評を得て、連日ご注文をいただいており、
連休は、休めません。
しかしご愛顧頂けることはありがたい事です。
感謝にこっ

以前にもご紹介いたしましたが、
当、長岡の赤飯は、
ほかには見られないものです。
もち米に醤油とみりん、酒等で味付けして、
金時いんげんを混ぜて
蒸かした赤飯です。
名称未設定 1 (小)

見た目には、醤油の色ですので、
赤飯には見えないでしょうが、食べればおいしいので、
興味のある方はぜひ、一度お試しあれ。
お問い合わせはメールフォームからどうぞ。
どうやら、小豆がなかなか手に入らない時代に、
地元で醸造されていた醤油で色付けをした 庶民の知恵が始まりのようです

今日は一日雨模様の蒸し暑い一日でしたが、
号やら連休はお天気は良さそうです。
せっかくのお祭りです。子供たちは楽しみにしています。
どうぞ、晴れるように


よもやま話 | 21:43:40 | Trackback(0) | Comments(0)
梅雨明け
いよいよこちら、
北陸地方も梅雨が空けたと思われる宣言が出されましたが
まだまだ蒸し暑い日が続いています。
明けたなら明けたで、数年前まで、出されていた
梅雨明け宣言を聞きたいです。
梅雨明け宣言が出されると
カラッとした、お天気になって、
夏ーっ!!が来た様な気がして、懐かしいです。
今は思われる宣言では、やっぱり、蒸し蒸して
やっぱりスッキリしないです。
梅雨明け宣言=カラッとアッチェー夏
これで行きましょうよ、と言っても今更ですかね

あちこちでいよいよ海開きの声が聞こえてきました。
昨年は、中越沖地震の影響で、ふうひょう被害があって相当のダメージでしたが、
今年はアッチェー日が続いているせいもあって、
さい先の良い出だしのようです。これから夏休みに入りって、好天に恵まれ、
たくさんの海水客で賑うとよいですね、


本日、孫達の、プール開きも、開催されました。
頭から水を掛け合って、
気持ちよさそうに遊んでいました。
  P1020253_R.jpg     
   
小っちゃい頃は何をやっても無邪気で楽しそうです。
これからまだまだアチェー日が続きます。
皆さんもお身体にお気をつけてお過ごし下さい。


| 22:57:11 | Trackback(0) | Comments(1)
三連休の最後の日でした。
海の日のふさわしく
朝から快晴でした
アッチェー中お赤飯の配達です。
汗カキカキ小一時間で順調に終わると思ったんですが、
一軒のお客様で
トラブル発生です
御用聞きの時の行違いで
2升のご注文を1升の注文として
お届けしたもんで、1升足りなくなってしまいました。
完全注文生産ですので、すぐに追加と言うわけにまいりません。
あわてて、あちこち心当たりを、当たってどうやら注文の通り納品できました。
イヤー あせりました
どうも、気持ちの行違いというのは、
思い込んでしまう部分がありますので、
気をつけないと、
トラブル回避には、充分の確認が必要と
また充分反省いたしました。

只でさえアチェー日でしたのに、
トラブル解決に、いっそうの汗をかいてしまいました。

それにしてもアッチェー日でしたが
乾燥した北風が一日中吹いていましたので、
肌は割合と乾燥していて、
じめじめ嫌いの「じいじ」としては、
夏本番を実感した一日でした。

もう、十日ほどで長岡祭りです。
日本一の大花火が上がります。
今年は土日の開催と言うことで、
大変な混雑が予想されています。
ぜひ、天候に恵まれるよう
祈っています、



よもやま話 | 21:02:22 | Trackback(0) | Comments(0)
地震
またまた、大地震が発生
岩手・宮城内陸地震の記憶が生々しいこの時期にまた、
岩手で発生。震度6強
亡くなった方や、家屋の倒壊等大規模な被害は発生していないようで、
ほっとしましたが、大勢のけが人が出ているようです。

そんな中、今日午後3時頃当、長岡でも地震がありました
震度3.結構揺れました。
震源は、中越地震と同じ地域で発生しています。
また大きな地震につながらなければと願います。
4年前の中越地震以来、
大地震が頻発して起きています。
なにやら、この先地球は大丈夫なんだろうか、
一抹の不安を感じぜずにはいられません。
当新潟も3年の間に中越地震、中越沖地震と2度の大地震に
見舞われ、
岩手も一月あまりのうちにまたまた震度6強地震に見舞われる言う
私らの記憶には無いですが、こんなことは今までに有ったんでしょうか・・
異常では?

異常と言えば、この所の蒸し暑さも、異常です。
雨が降ることは降るんですが、
雨が上がった、とたんもう、蒸しアッチェー毎日です。
今までは夜雨が降ると、朝は、涼しいもんでしたが
今年は違います。
毎日の蒸し暑さに、会う人皆、「アッチェーのー」の
連発です。
何時まで続くんですかねー



よもやま話 | 21:36:26 | Trackback(0) | Comments(0)
黒米・赤米
P1020265_R.jpg
ご覧になったことは有りますか。
これが、赤米です
日本の米のルーツと言われており、
中国から伝わってきて、日本の農耕の始まりは、
こういう米だったと言われています。
P1020268_R.jpg
これは黒米です

いずれも古代米とされており、
約2000年前に中国から伝わってきた
当時の性質を引き継いでおり、
生命カが極めて強く、荒れ地で無肥料・無農薬でも丈夫に育ち、干ばつ・冷水などにも強いが、
背丈が1.5メートル以上にもなるため、倒伏しやすいく、収量も少ないお米です。

黒米の黒い色の層にはポリフェノールが含まれており、
必須アミノ酸・ミネラル・ビタミンが含まれている食品です。
粘り気が多くもっちりとした甘みが特徴です。

赤米は、玄米の色が赤褐色で、赤色系色素(タンニン系)を含んだコメです。
 5分づき(少し精米)にすると薄紅色になり、糠(ぬか)を全て取り除くと白米になります。
赤米はコメのル一ツであり、お赤飯の起源と言われてます。
はくまいに、混ぜて炊くと、ほんのりと紅色になります。

               P1020271_R.jpg
このご飯は、白米に黒米を少し混ぜて、
炊いてみました。(写りが悪くてすみません。実際はもっとおいしそうに炊けていましたが、)
モチモチとして、噛むと、黒米のプチプチとした歯ざわりがなんとも楽しい食感となります
少し塩を入れてて炊いてみましたら、また、一段とおいしくなりました。

おいしく食べられて、なお、ビタミン、ミネラルの補給になる、
赤米黒米をぜひお試しあれ。



| 22:05:09 | Trackback(0) | Comments(0)
孫と登山隊
昨日、長野の飯綱山に登ってきました。
今回は、「じいじ」、「ばあば」二人の登山ではありません。
孫1号、2号を引き連れての、4人で、
登山隊を結成しての、山頂を目指しての挑戦
です。

小学校の夏休みに入ったら、山に連れて行ってとの、
「ばあば」との約束を果たす山のぼりです。
この時期は気温も湿度も高いので、
標高が高く、急な登山道を避けて、
長野の、飯綱山西登山道に目標を設定いたしました。

朝5時すぎに、我が家を出発、
外は、もやがかかった様な
空は晴れて、気温もそんなに高くはないものの、
何かじめっとした天気です。
長岡ICより高速に入り、すぐに西山にかかる頃には、
周りに霧が漂うようになり、
お天気が気になります。
地蔵トンネルを過ぎ、柏崎に入る頃には、孫たちは
おにぎりにかぶり付いていました。
朝早くにもかかわらずに旺盛な食欲にばあばは、びっくり。
充分お腹につめて、これからの登山のエネルギーを
蓄えておくれ。
上越ICにかかる頃には、
お腹が満たされ、早起きしたんで
二度寝モードに… 気持ちよさそうにお休みです。
到着まで気力温存。

妙高に近づくと
もやも少なくなり、すっきりとした空気感になってきました。
目標の飯綱山も見える様になり、お天気が期待されます。
信濃町ICで高速を降り、順調に黒姫高原の別荘地を過ぎ、
戸隠神社中社へ7時到着、
車を降りると、さすがに標高1200M、
空気がすがすがしく、予想通りにひんやりとして、
登るには、都合のよさそうな気温で、一安心。
トイレで全員用足し。登山口へ、
うっそうとした樹林の中、薄暗い駐車場に孫たちは少し
不安そうですが、身支度を整えて、
7月27日、7時27分
偶然同じ数字が並びました。
元気に、登り始めます。
IMG_5913_R_20080728224752.jpg
登山口

この後は、続く
IMG_5961_R.jpg IMG_5974_R.jpg
     山頂                   お花畑





山のぼり | 22:53:17 | Trackback(0) | Comments(1)
飯綱山 Ⅱ
さていよいよ登山道に入ります。IMG_5913_R_20080728224752.jpg

と、先回登った時には無いキレイな道が出来ており
標識もありませんので、ちょっと登って見ましたが、
どうも、これで良いのかはっきり致しませんので、
以前の登山道に、戻ることにしました。
急がば回れ
戻り始めるとすぐに、孫2号のヒナちゃんが
「えーッ、道間違えたのー、「じいじ」しかりしてよっ」
と、早速のツッコミです。
10分位のロスで、以前の登山道から、
気を改めて出発。
1917mの山頂を目指して、
標高差700mの、山頂アタック
果たして、成功しますでしょうか!!

続きを読む >>
孫と山登り | 22:45:48 | Trackback(0) | Comments(1)
不覚
言い訳

今晩は、飯綱山の続きを
アップしようと張り切っていたんですが、
孫のユズをお風呂に入れることになったんです。
ところが、ユズの虫の居所が悪かったようで、
ずいぶんと泣かれてしまい、
悪戦苦闘して、汗だくになって、
ようやく風呂から上がりました。
で、一休みして入るうちに、
不覚にもすっかりと寝入ってしまいました。
冷蔵庫の前ではありませんでしたが、

今晩は、ようやく爽やかな
夜です。 ようやく梅雨明けかなー 
それで、いい気持ちで…つい…
今ようやく目覚めましたんで、
また、一日延びますことをお詫びして、
おやすみなさい。
懲りずに見に来てください。
IMG_5974_R_20080731005239.jpg
今は眠くてたまりません、寝ぼけ眼でようやく書いてます
あすは、頑張ります

よもやま話 | 00:39:00 | Trackback(0) | Comments(0)
飯綱山 Ⅲ
なかなか 進まない「じいじ」の書き込みに
お付き合い頂きありがとう御座います。

孫たちと、「じいじ」「ばあば」登山隊は、
いよいよこのルートの最大の難所に向けて、
萱ノ宮を出発します。
IMG_5919_R_20080731234443.jpg

歩き始めると徐々に傾斜がきつくなり、
足下も岩のごつごつとした道になってきます。
孫たちは、歩きにくい中、まだまだ体力も
気力も充分ですので、がんばって登り、、
順調に高度を稼いでくれます。
唐松の林から、オオシラビソの林へと、
変化してくると、ますます急登となります。
日差しも加わり、徐々に孫たちに疲れが見えてきます。
もうちょっと、あと少し、と励ましながら、
立ち止まっては、ポカリで水分補給して、
見晴らしのとところまで、登ったら、冷たいゼリーを食べて一服しようね
と励ましながら登ること 一時間、
周りの樹林が途切れ、展望が開けます。眼下に屋並が見えますが、
残念ながら、周りの山々はかすんで見えませんでしたが、
IMG_5922_R_20080731234908.jpgIMG_5974_R_20080731234932.jpg


あたり一面のお花畑に迎えられて、孫たちも大喜びです。
冷たいゼリーとつめたい水で気力回復。
すぐ目の前には、山頂の手前のピークが見えます。
そこまで登れば、もうついたも同然、もう一頑張り、と
励まし出発します。
少しののぼりで、西登山道からの道と合流します。
ここからは、最後の登りにくい岩場を頑張れば、
双耳峰のひとつのピークです。小さな鳥居と祠が祭られています。
IMG_5946_R.jpg

本峰までは、あとわずか。よくがんばって登ってくれました。
孫たちも、登りきった、山頂で大喜びです。
IMG_5949_R.jpg

1917m、周りの山々が望まれればもっとこの高さを、
体感できたでしょうが、少し残念でしたが、足下に見える長野の町並みで、
高さを実感出来たようです。
早速昼食です。IMG_5951_R.jpg

まずは、お待ちかねの焼肉、焼く後から、もりもりとおにぎりと一緒に
孫たちのお腹に、続いてラーメンも吸い込まれる様に、
「じいじ」「ばあば」も孫の隙をぬって腹に詰め込みます。
続いてデザートのスイカも完食して、どうやら、満足したようです。
頭の上には、まだ完全に赤くない、アキアカネが、群舞していました。
山ではすでに秋の準備が始まっていました。
IMG_5969_R.jpg

そろそろ下山にかかります。
登った道を下ります。
下りのほうが、滑りやすかったり、疲れていたりで、
危険です。充分注意して、下ります。
孫たちは、疲れてきていますので、なかなか思うように
足が進みませんが、それでも登った道ですので、
見覚えのあるとこで「さっきここ通ったネ」、「もうちょっとで休憩の場所だね。」
などと話しながら、下り、まもなく萱ノ宮へ着くという頃に、
突然の雷鳴が轟きました。ヒロくんはもうビックリ
まだ、遠くなんですが、その後も続いて、ゴロゴロと聞こえます。
ヒロ君はもう心配でたまりません。萱ノ宮に着いても
休憩していても気が気ではありません。
だんだん曇ってきましたので、急がないと
後は一気に、平坦な道を下れば登山口です。
ガンバレ頑張れ。
やがて、開けた唐松の林から、雑木のトンネルになれば、
後わずか。
ようやく登山口の車のとこに到着。

よく頑張ったね。IMG_5982_R.jpg

二人とも疲れがピークに達しているんですが、
やっぱり登ってきたことに満足してうれしそうでした。
連れてきて、良かった。と満足している「じいじ」と「ばあば」でした。
IMG_5980_R.jpg

ご褒美のソフトクリームを買いに神社の前の売店に着いた途端、
先ほどとは違う、強烈な雷鳴が、急いで、
ソフトクリームを買って、車に乗ると突然の雷雨です。

山道の途中でなくて良かった。と、
胸をなでおろした、「じいじ」と「ばあば」でした。
車の中で食べた、ソフトクリームがほっとした気分も加わって、
甘くてうれしそうでした。

無事に登ってこれて本当に良かった。
孫たちに、いい夏休みの思い出になってくれれば、

今日で7月も終わりです。
明日から8月、いよいよ長岡祭り
日本一の大花火大会が、2日3日と開催されます。
今年は、土日の開催となり、
相当の人出が予想されています。
我が家にも、群馬の息子のご家族と、見附の妹夫婦が、
花火見物に訪れます。
普段から賑やかな我が家が、一段と賑やかになります。
「じいじ」は、わくわくしてお待ち致しております。
お天気に、恵まれる事を祈ります。


孫と山登り | 23:52:36 | Trackback(0) | Comments(1)