■プロフィール

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■カテゴリ
■リンク
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

■フリーエリア
11月の日曜日
いよいよ今日から11月、
一日の日曜日です。

小学校の音楽発表会がありました。
全員で応援に行って来ました。

みんな一生懸命練習した様子がうかがわれ、
良くそろって元気よく演奏されていました。

5年生の天地人のテーマはとても素晴らしかったです。
市の親善音楽会にも出演が決まっているそうです。
IMG_0102_R.jpg

4年生も元気よく合唱の「勇気の歌」も元気よく声が出ていました。
IMG_0137_R.jpg

午前中で終わりました。
お昼は「ばあば」が大奮戦です。
9食分の焼きそばを大なべで作りました。
食パンとコッペパンといっしょに皆の胃袋に収まりましたヨ。

午後からは、天気予報では荒れ模様の予報でしたが、
まだ少し持ちそうでしたので、「ばあば」とちょっと出かけました。

「ばあば」のふるさと、越路町のもみじ園によってきました。
IMG_0151_R.jpg

まだちょっと早かったようです。
まだ緑の葉も多かったんですが、
すでに枯れてしまった紅葉もありました。
それでも大勢の人が訪れていました。
IMG_0156 - コピー_R
    IMG_0153_R.jpg
IMG_0171_R.jpg

すぐ隣の「ばあば」の母校「越路中学校」も懐かしく眺めて、
駐車場に戻る頃に、雨がぽつぽつ当たってきました。

越路原をぬけ、「宝徳稲荷」様を参拝して帰りました。
家路に着く頃には雨風となっていました。
明日からは寒くなるようです。


スポンサーサイト
よもやま話 | 16:34:14 | Trackback(0) | Comments(0)
弥彦
11月15日
いよいよ11月も半分終わりです。

天気予報が悪かったんで、今日は予定がありません。
が、朝起きてみると風が強いものの青空の覗く天気です。
となるとじっとしてはいられません。
足がモゾモゾしてきます。
いろいろ考えましたが、これから山に登るには、いまいち気分が乗りません。
そこで前から気にはなっていたんですがなかなか行けなかった、
弥彦公園のもみじ谷へ行ってみました。
IMG_0185_R.jpg IMG_0197_R.jpg
先々週あたりにTVで見ごろと報道されていて、
今日は見ごろには遅いと思いましたが、
逆に少しはすいて居るのではないかと、
出かけてみました。
道中横風にハンドルを取られそうになりながらも、
青空のもと一路弥彦に向います。

弥彦駅前の駐車場に料金300円を支払い、相変わらずの強風の中、もみじ谷へ、
向いましたいました、
噂には聞いていたものの多くの人出に、ビックリです。
やはり予想通りに紅葉の盛りは終わり、葉の落ちた木々が目立ちましたが、
まだまだ、紅葉を残した木もきれいでした。
強風と大勢の人出に苦労しながら撮った写真です。
見て下さいにこっ(クリックすると拡大します。)
IMG_0208_R.jpg IMG_0212_R.jpg
IMG_0244_R.jpg  IMG_0239_R.jpg
     IMG_0227_R.jpg IMG_0237_R.jpg
足元にはすでに落ち葉がつもり、その間を小さな川の流れがただよっておりました。
IMG_0217_R.jpg

その後弥彦神社まで歩いて、参拝してきました。
境内では菊祭りが開催されていましたが、
折からの強風に、丹精された菊が、たくさん倒れていました。

それでも多くの人々が参拝に行かれていました。
IMG_0278_R.jpg IMG_0284_R.jpg
わずかなお賽銭で、家内安全、商売繁盛、交通安全など欲張ってお参りしました。

駐車場に戻るときには、とうとう雨が降り始め…欲張りすぎたばちかなー?…
雨風に持参の折りたたみ傘が、お猪口になりながら、
駐車場に戻りました。
IMG_0286のコピー_R
帰りの車の中からは時折虹が現れていました。

夕方家に帰って一また、ちょこっト
一杯飲みながら、書いています。
今日の歩数 9505歩


よもやま話 | 17:45:27 | Trackback(0) | Comments(0)
11月18日
今日は一日中雨降りで、朝から寒い一日でした。

配達の途中時折雲の切れ間から見えた鋸山が
白くなっていました。
200911181559_R.jpg
(携帯で撮ったんで見づらいですが…)今年二度目です。
一度目は3日の文化の日でした。
その日も寒かったんですが、今日はまた一段と強い寒波の襲来です。
この次、三度目にはいよいよ里にも
雪が積もると言い伝えられ、大体当たってきました。
今年も当たりそうです。が、
まだ、冬囲いもしてないし、
車のタイヤも変えなければ……!?
大変です。あァーー

11月も半ばを過ぎそろそろお歳暮の声が聞こえてきました。
何軒か早々とお歳暮の予約をいただいてあります。
今年も順調にご注文いただけますよう期待しております。
おいしいお餅とこしひかりは
送って喜ばれる新潟の味です。

P1020229re.jpg kogane_20091118220316.jpg
ぜひ、お歳暮にどうぞ!!



よもやま話 | 22:06:54 | Trackback(0) | Comments(0)
11月19日
今日も朝から寒い日でした。

朝の4時前に目が覚めて、トイレに起きた時に窓から
空を眺めたらきれいな星空が広がっていました。(年をとりました。一晩ぐっすりと
眠れる事は、すっかり無くなりました。必ず夜中に目が覚めます。)

明るく輝く星たちが、きらめいていました。
少しの間でしたが、階段の窓を開けて見ていたらすっかり体が冷えてしまいました。
すごすごともぐり込んだ布団があったかかったです。

午前中は曇り空ながら、周りの山々があでやかな雪化粧の
姿を見せてくれました。
配達の途中に写しました。
P1020469のコピー_R P1020465のコピー_R
二度目の降雪の鋸山             長岡の東山の奥に顔をのぞかせた守門岳

P1020468のコピー_R
遠くかすんでいる飯豊連峰はすでに真っ白でした。
P1020467のコピー_R
その手前には粟が岳です。

魚沼の山々も見えたんですが、雲がかかっていて、とうとう写せませんでしたが、
もっと白くなっているのが時折望めました。

午後にはまた冷たい時雨になりました。
いよいよ長岡は冬に突入です。



よもやま話 | 21:25:18 | Trackback(0) | Comments(0)
三ノ峠山
11月22日

今日は朝から町内会で前の三角公園の冬囲いでした。
昨日までとは打って変わって朝から青空ののぞくいい天気です。

1時間半ほどかかって囲い終わりました。

その頃にはすっかり青空が広がっていました。

このまま家にいるにはもったいない天気です。
しかし午後からは孫のヒロクンとヒナちゃんの
所属しているスイミングクラブの大会の応援に行くんで、
お昼ころまでしか時間がありません。
そこで、例の三ノ峠山へ出かけてきました。

途中コンビニで朝飯とおやつを買って、
IMG_0288_R.jpg
9時ころ駐車場到着。
駐車場の東山ファミリーランドには、たくさんの車が止まっていて、
それぞれに初冬の日差しを楽しんでいました。

三ノ峠山まではまっすぐ登ると40分程ですので、
いったん下って、隣の尾根のぶな平経由のコースを取りました。
5分程下ると瞑想の広場、小さな池がありきれいな水が流れていました。
ここからブナ平へは階段の登りです。
冬枯れの山ですが、所々紅葉の名残りが見られます。
IMG_0289_R.jpg IMG_0290_R.jpg
IMG_0294_R.jpg

初冬の山ですが、風が無く、日差しの中汗をかいて登ります。
30分ほどで、ブナ平です。IMG_0297_R.jpg

この先ロープの張られた、杉林の中の急登を
少し登ると尾根に出ます。スキー場への分岐を分け、
IMG_0305_R.jpg
右へ、三ノ峠山山頂を目指します。
途中左が開けた処からは、目の前に冬枯れの鋸山が大きいです。
IMG_0315_R.jpg
ここからすぐに山頂です。IMG_0318_R.jpg
IMG_0312_R.jpg

展望のない山頂をすぐに後にして、
友遊小屋の前の広場の陽だまりで
コーヒータイム。
IMG_0329_R.jpg

おやつを食べて、コーヒーを呑み終えた頃薄雲が広がって、
日差しが弱まると急に寒くなりましたんで、早々に下りにかかります。
日蔭の登山道はすでに冬の寒さが迫ります。

すぐに日差しが戻り、かさかさと積もった落ち葉を踏みながら
下ります。
IMG_0345_R.jpg IMG_0306_R.jpg
陽だまりに季節外れのタンポポが…    なにこれ……
IMG_0307_R.jpg
正解は、枯れた「ウバユリ」の種のはじけた後です。
IMG_0328_R.jpg  IMG_0319_R.jpg
「ムラサキシキブ」           モンスター(苔むす木の根)

駐車場に戻ると大勢の人たちが初冬の日差しの中
遊びに来ていました。IMG_0347_R.jpg


家に帰って、ひと風呂浴び、汗を洗い流して、
カップラーメンで簡単にお昼にして、
午後はフェニックスプールへ。
水泳大会の応援です。
大勢の人が応援に来ていました。
IMG_0353_R.jpg

ヒロくん、ひなちゃんは一生懸命泳いでいました。
ずいぶんと上達していましたんで、ビックリしました。
一生懸命応援してきましたヨ。



山のぼり | 16:35:15 | Trackback(0) | Comments(0)
勤労感謝の日
今日は昨日と打って変って朝から雨模様で、
寒い日になりました。

天気が悪いと朝遅い時間まで薄暗く、朝寝坊が気持ちいい日です。
ゆっくり寝て起きると体のあちこちが痛ェです。
午前中はスパー「チャレンジャー」で買い物です。

お昼には軽くビールを飲んで、昼寝して、
いい気もちです。

午後からは青空が覗いてきましたんで、
我が家の狭ーい庭の冬囲いをしました。
IMG_0475_R.jpg
狭くても一応囲いしておかなければなりません。
「ばあば」は友達のKさん宅へ遊びに行って帰ってきません。
「じいじ」一人で黙々と冬支度です。
とはいっても一時間足らずで終わります。
野菜格納コンテナーも設置して、
我が家の冬自宅は終了です。
P1020471_R.jpg

まもなく雪の季節になります。

近年は小雪傾向が続いているものの
やはり降雪量は心配です。

仕事に差し支えない程度にしてください。



よもやま話 | 16:23:54 | Trackback(0) | Comments(0)
城山へ
今日は朝起きてみると思いがけないよい天気でした。

特に予定がなかったんで、
小千谷の城山へ登って来ました。
標高400m足らずの里山です。
高速小千谷インターの近くの
時水の集落のはずれの姥清水が登山口です。
10台ほどの駐車場の脇に、立派な給水場が有り
清水が4箇所の給水口よりこんこんと湧いていて、
次々と水汲みの人が訪れていました。
ここから広く整備された道を登ります。
IMG_0477_R.jpg IMG_0481_R.jpg
40分ほどの山頂ですが、
そこには思いがけない感動が待ったいました。
続きはまた明日書きます。


山のぼり | 23:07:03 | Trackback(0) | Comments(0)
城山へパートⅡ
小千谷の城山(じょうやま)の詳細です。

昨日登ってきた城山は小千谷の西部に位置し、
名前のとおり時水城址の名残を残す山です。

登山口には10台ほどの駐車場があり、
その脇には、姥清水が岩を積み重ねた、水場より突き出た、
4箇所のパイプより、いきよい良く湧き出しています。 
IMG_0477_R.jpg
支度をしている間にも水汲みの人たちが、次々にペットボトルやら、
ポリタンクに清水を汲みに来ていました。

IMG_0481_R.jpg
登山口より整備された道を登り始めます。
車も通れそうな広くならされた道です。
思いがけない好天に足取りも軽く
心も弾みます。
初冬の日差しを浴びながら、冬枯れの中を少し登ると
稜線に雲をかぶった守門岳や、越後三山が
小千谷市街の背景に聳えて見えてきます。
IMG_0485_R.jpg

なおも続く広い道にば「あばと」おしゃべりをしながら歩きます。
冬枯れのすっかり葉を落とした木々越しに
魚野川を併せて、すっかり大河の様相で、とうとうと流れる信濃川を
中心に小千谷市街を見下ろします。
対照的に直線的に伸びる高速道路にはETC割引の影響か多くの車が走っています。
里山ならではの人々の息吹を感じる眺めです。
IMG_0483_R.jpg

そうこうしながら相変わらず広い道を登り続けます。
P1020491_R.jpg
まもなく尾根の裏側に出るとお茶の水水場と書かれた分岐を分けると
標識どおりに15分ほどで山頂です。

城跡らしく広い山頂には、あずまややベンチが置かれ、
やはりよく整備されていました。
そして何より登る途中に雲をかぶっていた山々が
稜線を現してくれました。
とても標高380m余りの里山とは思え無い眺望です。
眼前には雪化粧した越後三山が大きく
IMG_0490のコピー_R
南に向かい雲間の巻機山、苗場山
妙高山、火打山、
その手前に大きく頚城黒姫山、米山、西には弥彦山
東には守門岳から浅草岳毛毛山塊
IMG_0521_R.jpg
まさに360度の展望です。
眼下の小千谷市街を見て、
ああ、里山何だと気づくほどでした。
IMG_0498_R.jpg
IMG_0504_R.jpg
あずまやでコーヒーを飲みながら、存分に眺望を楽しみ
至福のひと時です。

ここで引き返すつもりでしたが、
隣の丸山への縦走コースもよく整備されている様子です。
お天気も思いのほか良く、つい誘われるように縦走コースへと
歩を進めることに。
IMG_0508_R.jpg

この先は、パートⅢへ、
IMG_0488_R.jpg
今にも歩き出しそうな松。










山のぼり | 22:24:48 | Trackback(0) | Comments(0)