■プロフィール

komeじいじ

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■カテゴリ
■リンク
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

■フリーエリア
7月に入って
7月2日
今日も蒸アッチェー一日でした。
予報では雨の確率は高かったようですが
一日、日が差し気温が上がり
蒸し風呂状態でした。

夕方には大雨警報が出されましたが、
遠雷が聞こえましたが降る気配は無し。

配達の途中に雨の気配もないのに
明るい空に虹が出ていました。
IMG_0187_R.jpg(クリックで拡大します。)
明るい空に出ているので見にくいですが、
肉眼では大きく見えていました。

夜になってようやく涼しい風が入ってきています。



スポンサーサイト
よもやま話 | 23:17:36 | Trackback(0) | Comments(0)
浅草岳
7月4日
魚沼の花の山、越後のヒメ様に逢いに
浅草岳に登ってきました。

例年、6月下旬が見ごろなんで、今回はちょっと見ごろをはずしたかな、
と、ちょっと不安でしたが、
きれいなヒメ様にご対面してきました。
IMG_0348_R.jpg
IMG_0264のコピー_R

予報では朝の雨はじきに上がり一日くもりと、
期待して出かけました。
IMG_1354_R.jpg
登山口では急にガスが切れ、
浅草岳の山容が望め期待ががもたれましたが、
一瞬でまたガスの中へ、
雨の中のヒメ様もまたしっとりとして綺麗でした。
IMG_0237_R_20100704175819.jpg
あっ、これは「ばあば」です。
詳細はまた、





山のぼり | 18:12:31 | Trackback(0) | Comments(0)
浅草岳 其の2
昨日は浅草岳へ登った後
市立図書館へ立ち寄ってきました。
と言っても「じいじ」「ばあば」が急に
読書に目覚めたわけではありません。
孫の小5のヒナちゃんの絵が
市小中学生美術展に入選し図書館内の
美術センターに展示されているんで、
作品を見に立ち寄ってきました。
IMG_1367_R.jpg

毎日の様に通っている水泳クラブの
様子を力強く描いてありました。
うまくなったもんです。感心しました。

長岡市内は浅草岳とは打って変わって、
雲間からの日差しで蒸し暑い陽気となっていました。

その雨の浅草岳の様子はこちらからどうぞ、

続きを読む >>
よもやま話 | 21:04:51 | Trackback(0) | Comments(0)
草津白根山
コマクサ咲く草津白根山へ行って来ました。
IMG_1413_R.jpg
IMG_1462_R.jpg

今日は昨年の尾瀬ヶ原に続き
妹の御主人の運転で楽々と行ってまいりました。
草津温泉を過ぎ、白根山に着く頃から小雨のぱらつく天気となりましたが、
大した雨にはならずに
沢山のコマクサにご対面を果たしたきました。

大勢の人たちで賑わっていましたが
じっくりたんの出来ました。

ついでに駐車場から湯釜へものぼって
神秘的な色の湖を眺めてきました。
IMG_0417_R.jpg

家でひと風呂浴びて、ウンメェービールで晩酌

もう目が閉じかけてきました。

つづく…


山のぼり | 20:12:55 | Trackback(0) | Comments(0)
草津白根山 partⅡ
7月13日

昨夜来の雨で、今朝は肌寒い日となりました。
今年の蒸し暑い梅雨には珍しいです。

午後からは曇り空ながら気温が上がり
やっぱり、蒸し暑い日となりました。

おとといの草津白根山、標高2000m余りの
高地とは打って変わってじっとりと肌にまとわりつく
湿気は苦手です。

おとといの肌寒い程のコマクサ三昧はこちらから…
IMG_1419_R.jpg



続きを読む >>
山歩き | 20:35:26 | Trackback(0) | Comments(0)
7月15日
いよいよ梅雨本番の様相となって来ました。

連日蒸し暑い日で、
肌はジトジトと湿って気持ち悪ーリです。

今日も朝から曇り、
降りそうで降らないと思っていたら、
昼頃からは急に日差しが、
気温が上昇、蒸し風呂です。

夕方にはドシャブリ。

今は小雨、
ようやく気温が下がってきました。

いよいよ梅雨末期か?
今週末には晴れそうです。

蒸し暑い日々に田んぼの稲は元気です。
青々と背を伸ばしてきています、
パノラマ_R
もうすぐ穂が出るでしょう
人には過ごしにくい日々ですが、
田んぼの稲には大事な梅雨です。


よもやま話 | 20:46:25 | Trackback(0) | Comments(0)
三国山へ
7月18日
今日は梅雨明け初日の朝から快晴のアッチェー日となりました。
このアッチェー日に下中島の稲荷様と日赤町のお太子様の
祭礼です。
と云う訳で、朝からはお赤飯の配達です。

「じいじ」は汗かきかきがんばって終わらせました。

カンカン照りの中、一路、湯沢に向います。
群馬県境を目指します。
三国峠に聳える三国山へ登ります。
この時期人気の山です。

お目当ては、山腹に広がるニッコウキスゲの群落です。

「じいじ」「ばあば」も楽しみに国道17号三国トンネルの手前の
駐車場より歩き始めます。
駐車場は20台分位ですが満車です。
さすが人気の山、それでも12時頃ともなると帰る車もある様です。
一台分のスペースに割り込んで止めました。
快晴の夏の日差しの下靴を履くだけでも背中がジリジリ焼けます。

峠道は木漏れ日の道になります。が、
木漏れ日と云えども、日差しは強いです。
すぐに汗が吹き出します。

30分足らずで、三国峠です。
大勢の人たちが木陰で休んでいました。

ここから木道の階段登りとなります。
時折、群馬県側が開けた場所で
吹き上げる風が心地よいです。
周りの山にはドンドンと雲がわいてきます。
IMG_1536_R_20100718213721.jpg
IMG_1535_R.jpg
汗だくの登り30分ほどで、お目当てのお花畑、
ベンチに大勢の人が休んでいました。
が、目当てのニッコウキスゲはいまいちです。
時期はちょうどよい様ですが、
花が少ないです。

他のススキに似た、背の低いカヤの様な草が繁殖、
ニッコウキスゲの数が少ない様です、
それでもきれいに咲いていました。
IMG_1559_R.jpg

ここから山頂はわずかですが、ほとんど階段登りとなります。
「じいじ」「ばあば」はここまでで満足です。

簡単な昼食で、下ることにしました。
IMG_1540_R_20100718213721.jpg

アッチェーかったです。

来た道を戻り駐車場に着く頃には頭の上にすっかり雲が広がっていました。

車に乗り走り始めると直に雨が降ってきました。
この時期、山の午後の天気は変わりやすいです。




山歩き | 21:38:37 | Trackback(0) | Comments(0)
白馬大池
7月19日

栂池より白馬乗鞍岳を越えて、
白馬大池まで行って来ました。
IMG_0515_R.jpg
途中豊富に残る雪渓の急登を登り
IMG_1744_R.jpg
広大なハイ松の広がる白馬乗鞍岳を越え
岩のゴロゴロとした道を下れば
ようやくお目当ての白馬大池です。
IMG_1751_R.jpg
IMG_0542_R_20100719212845.jpg

乗鞍岳からは見えていた小蓮華山は広がってきたガスに覆われていました。
IMG_1800のコピー_R
IMG_1806_R.jpg
小屋の周りにはきれいなお花畑が広がっていました。

頂上付近ではガスに覆われ大展望とはいきませんでしたが、
存分に楽しんできました。が、
昨日に続いての山行に疲れました。
令により、
続きはまた…

山のぼり | 21:52:31 | Trackback(0) | Comments(0)
白馬大池Ⅱ
7月21日

今日も朝から快晴で
日差しに目がくらむような日でした。
ぐんぐんと気温が上がり
昨日に続き、午前中に30度を超えていました。
割合気温がそんなに上がらない当、長岡としては
十分にアッチェー日でした。

標高2000Mから上の世界で過ごしたおとといとは
うって変わって連日の灼熱地獄です。
その昨日の続きはこちらから…




続きを読む >>
山のぼり | 00:47:42 | Trackback(0) | Comments(0)
蓮華温泉
予報に反して雨の心配は無い様ですンで、
赤飯の配達の後、
蓮華温泉の奥の
蓮華の森自然歩道を歩きに行って来ました。
今日は息子の車で、息子と3人です。

今日も赤飯の配達がありましたんで、
9時頃の出発です。
ETC割引を利用して、先週に引き続き糸魚川へ。

148号線を平岩へ向かいます。
平岩駅前から山道です。
舗装はされているもののクネクネと細い道が20km余り続きます。

途中、路線バスとの擦れ違い。
ちょうど退避所がありましたんで、事なきを得ましたが、
場所が悪かったら相当のバックを余儀なくされます。

途中、夢見平よりガスの切れ間に雪倉岳か、
残雪の山が垣間見られました。
ちょっと幻想的。
IMG_1867_R.jpg

ガスに覆われ見通しの悪くなりながらようやく着いた蓮華温泉駐車場。
ナーント満車です。
IMG_1869_R.jpg
50台以上は止められそうな区画は一杯で、
区画からはみ出した隙間にも満杯です。
どうしようか迷っていると運よく
帰る車が…、早速止めて身支度。ラッキー!!
さすがに昼近くなれば帰る車があります。

標高1470mさすがに涼しい、と、思って行ったんですが、
湿った空気が肌にまとわり着きます。
蓮華温泉ロッジの脇から自然歩道に入ります、
少し下ると、キャンプ場、工事関係の車両が止まっているだけで、
誰もいないようでした。
そこから、わずかで、周遊コースの分岐です。

初めてなんで、とりあえず時計回りに進むことに。

山腹を捲く様に木道の道を歩きます。
ほとんどアップダウンの無い道です。
IMG_1873_R.jpg

小さな沢をいくつも渡ります。
雪解け水か、
どの沢も小さいながら清冽な水が
心地よい水音を響かせて流れ落ちていきます。
途中開けた場所では、お花畑が、
キンコウカやオオバギボウシなどが咲き、
眼下には、この先回っていく、湿原、兵馬の平が見下ろせます。
IMG_1880_R.jpg
IMG_1879_R.jpg

わずかで雪倉岳への登山道を分けると、
これまでとは違うアップダウンの道となります。
複雑に音を絡ませた大木、大きく根を張った大木、など
IMG_0595_R.jpg
大木の間を歩くと、
黒いトウヒの大木越しに轟音を響かせて幾段にわたって流れ落ちる
「雪倉の滝」が望めます。
沢音を聞きながらの歩きとなります。

少しで、鞍部はカモシカ展望台の分岐です。
5分とありましたがぬかるんだ道の下りですンで、ここはパスします。
少し登り返すと、シャクナゲ尾根の下りとなります。
IMG_1888_R.jpg

トウヒ?の大木の下にシャクナゲが連なっています。が、
花は全く見られません。それより、その大木の根が登山道を覆い
足を取られないよう、足下だけに集中し、
下を向いていると顔が熱くなり、汗が吹き出しす、辛い下りが続きます。
姫負峠の標識を過ぎると徐々に周りが湿原の様相を帯びてきます。
直にギボシ平、
名前の通りオオバギボウシがたくさん咲いていました。
木道を少し下れば、兵馬の平、高層湿原と云うより、
樹林に囲まれた、草原の様相。
IMG_1912_R.jpg
オオバギボウシ、オタカラコウ、シモツケソウ、
クルマユリなど沢山の花々が咲き、
IMG_1919_R.jpg
IMG_1921_R_20100725222758.jpg
結構大きな川が流れ、涼しい風が吹き抜けていました。
IMG_1922_R.jpg
ベンチに腰掛けて少し遅いお昼にします。
IMG_1916_R.jpg

今日はおにぎりと漬物だけの質素な昼食です。
デザートにメロンとパイナップルを頂いて、
兵馬の平を後に、今日の最後の登りにかかります。
木道ののぼりが、階段となり徐々に急な登りとなります。
一汗、二汗、たっぷりと汗をかいて、ようやく傾斜がゆるむ頃、
IMG_1930_R.jpg
自然歩道出発点の分岐となります。
ここからは、キャンプ場を過ぎ20分ほどで、
IMG_1870_R.jpg
蓮華温泉到着、
露天風呂めぐりもあるんですが、そう時間も有りませんでしたんで。
内湯のみとします。
硫黄の匂いのするあっチェー風呂です。
後の汗が嫌なんで、ザッブッと汗だけ流して上がります。
IMG_0598_R.jpg
一人800円はちっと高いです。

後は来た道をひたすら、下ります。
途中、白池に霧がかかり幻想的な姿を見せていました。
ようやく平岩まで下るとほっとします。が、
国道148号もトンネルと同門の連続で油断できない運転が続きます。

糸魚川IC近くのコンビニにより冷たい飲み物のを買い
ようやく一息、
一路家路をたどり、5時30分到着


山歩き | 18:41:19 | Trackback(0) | Comments(0)
蓮華温泉Ⅱ
昨日歩いてきた蓮華温泉の自然歩道は
巨木の森でした。
ブナ、トウヒなどの巨木が次々に現れ

IMG_1926_R_20100726205809.jpg
IMG_1874_R_20100726205809.jpg
IMG_1873_R_20100726211439.jpg
IMG_1928_R.jpg

IMG_1882_R_20100725222718.jpg
IMG_0595_R.jpg
IMG_1888_R_20100726205946.jpg
IMG_1889_R.jpg
鬱蒼とした手つかずの自然が感じられます。
風通しの悪い所が玉にきずですが…
特に昨日のような蒸し暑い日には。
IMG_1912_R.jpg

でもお花畑には爽やかな風が通ります。
大きいのは巨木だけでなく
こんなものまで…
IMG_0587_R.jpg
IMG_1887_R.jpg
水芭蕉も大きく成長していました。


よもやま話 | 21:21:23 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad