■プロフィール

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■カテゴリ
■リンク
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

■フリーエリア
時水城山
いよいよ3月
随分と日差しも長くなり、春間近
スプリング・エフェメラル達の季節も間近です。
IMG_1909_R_R.jpg
 写真をクリックすると別ウインドゥが開きます。

今日は天気予報では曇りのち雨、と、言う事で、
予定は立てていなかったんですが、
朝起きてみると青空が広がっています。

そうなればいつまでも寝てらんねぇです。
バタバタと起きて、オットリ刀で、出かけます。
支度して外に出ると魚沼の方が明るいですので、
小千谷の城山に目標を定めて出発です。

家を出る時は曇っていましたが、小千谷に向うにつれ、
日差しが出てきます。
途中見える魚沼の山々が明るく輝いています。
IMG_0420_R.jpg

登山口手前の除雪終了点はすでに満杯です。
手前に路駐です。
IMG_3967_R.jpg

道はしっかりと踏まれ、
昨晩の放射冷却で、堅くしまっています。
IMG_0428_R.jpg
IMG_3974_R.jpg
登山口より積雪期限定の直登ルートです。
イッキに体温が上がり、息も上がります。

直に傾斜も緩みます。が、雑木林の中を真っすぐに登ります。
IMG_3977_R.jpg
IMG_3982_R.jpg

頭上には時々青空が広がり、日差しがまぶしいです。
IMG_0456_R.jpg
鋸山の方は相変わらず曇って、暗いです。
やっぱり城山へ来て正解でした。
IMG_3985_R.jpg

登るにつれ、魚沼方面の展望が広がります。
真っ白な峰々が日差しに輝いています。
IMG_0435_R.jpg
越後三山、左から、駒ヶ岳、中ノ岳、八海山。
IMG_0436_R_20110306181456.jpg
巻機山。
IMG_0443_R.jpg
IMG_0454_R.jpg
急登一登りで山頂です。

IMG_4011_R.jpg
刈羽黒姫山

IMG_4009_R.jpg
米山

IMG_0455_R.jpg
城山の尾根続きの丸山

山頂からは日差しの中、展望が広がります。
雲の流れが速く刻々と光と影が移り変わります。
ゆっくりと眺めていたい風景ですが、
名称未設定 1のコピー_R
パノラマ
ちょっと見にくいですが、クリックで大きくなります・

冷たい風に早々に下りにかかります。
IMG_4032_R.jpg

登る時には陽光に輝く山々の風景に見とれて
気付くませんでしたが途中の陽だまりに
春一番の花、
マンサクが咲いていました。
IMG_4040_R.jpg
IMG_4038_R.jpg

後は真っすぐに下れば直に登山口です。
IMG_0461_R_20110306202919.jpg
IMG_4046_R.jpg
この頃には厚い雲に日差しが遮られ、
風が吹き抜け、すっかり頬が冷たくなりました。

姥清水をペットボトルに汲んで、
真っすぐに帰宅。
片山温泉に入る頃にはまたまぶしい日差しが戻っていました。

もちろん湯上りのビールはウンメェです。

昼飯の後ゆっくりとこたつで昼寝しました。
極楽極楽。
長-い、一日ゆったりと過ごさせていただきました。







スポンサーサイト
山歩き | 18:17:27 | Trackback(0) | Comments(0)
まだまだ冬
いったんあったかい日が続いた2月より
此の所、寒い日が続きます。
ずいぶんと雪が消え、春めいた風景も
雪景色になりました。
IMG_0466_R.jpg
IMG_0467_R.jpg

IMG_0470_R.jpg

それでも日中には時折戻る日差しは
めっきり明るくなり春近しを告げています。

数日はこの寒波は続きそうです。が、
もう直、今年も陽春の下、花の咲く
季節となります。
また、スプリングエフェメラルに会えるのが楽しみです。


よもやま話 | 22:06:21 | Trackback(0) | Comments(0)
還暦祝い
此の所ご無沙汰いたしました。

未曾有の大震災の発生で、
我が家は被害こそ無かったもののいろいろと
バタバタしまして、つい、ご無沙汰いたしました。

東北電力の計画停電もとりあえずは見合わせとなり、
ようやくひと段落しました。

そこで以前から息子たちが計画してくれた、
「ばあば」の還暦祝いの一泊旅行に出かける事にしました。
一時は東日本大震災、続く長野新潟県境の大地震と相次ぐ大変な事態に
中止も考えたんですが、当地方は何とかひと段落いたしましたので、
車の予定を変更いたしまして、電車で出かける事にいたしました。

3月20日
午前中は仕事を片付け、昼からのんびりと
上越線上りの普通電車に乗り込みます。
IMG_0596_R.jpg
途中、六日町の坂戸山。

せっかくなんで「じいじ」は缶ビール片手に、
ゴトゴトと約一時間、大沢駅到着。
旅館のバンが迎えに来てくれていました。
乗り込むと若い男性が一人乗って待っていました。
おとなしい宿のお兄さんの運転で、山道を数分で到着。
宿は、大沢山温泉「大沢館」です。
山の中の一軒宿です。
IMG_0622_R_20110321205940.jpg
辺りにはまだまだたくさんの雪が残っています。
お寺のような山門をくぐると
玄関までは雪の回廊です。
IMG_0605_R_20110321205820.jpg
IMG_0606_R_20110321205820.jpg

おばちゃんの案内で、雪で窓がふさがり
薄暗い廊下を自分で荷物を持って離れへ、
途中地震でずれた廊下。
IMG_0607_R.jpg
その奥にある露天風呂は今は入れないとの事。
楽しみにしていたのに、残念
IMG_0623_R.jpg
いい雰囲気の階段。
2階の部屋は次の間付きの、二人ではもったいない、
広い部屋です。
IMG_0597_R.jpg
IMG_0625_R.jpg
板張りの広縁からは目の前に巻機山がどーんと圧巻です。
すばらしい部屋です。
IMG_0601 - コピーのコピー_R
(クリックで拡大します。)

入れてもらったお茶を頂いたら
早速温泉です。
太い梁の組み合わされた高い天井には
湯気抜きがあり、浴室内は少しひんやりとして、
大きく開いた展望窓で露天風呂気分です。
雪の巻機山を眺めながらの温泉は最高です。
(霞んでイマイチすっきりとは行きませんでしたが)

IMG_0611 - コピー_R
囲炉裏の談話室。
IMG_0619_R_20110321205940.jpg
玄関で、

湯上りにはアイスクリームや甘酒が用意されています。
IMG_0608_R.jpg
IMG_0610_R_20110321205941.jpg
IMG_0627_R.jpg
IMG_0629_R.jpg
部屋に戻って冷蔵庫の八海山泉ビールを頂きます。

夕飯は贅沢に部屋食です。
IMG_0633_R.jpg
IMG_0639_R.jpg

おいしく腹いっぱい頂きました。
IMG_0642_R_20110321210033.jpg
部屋の電話は超レトロです。

その後は雨の降り始めた真っ暗な外を
眺めて、持て余す程の時間を
ゆっくりと過ごしました。

寝る前にもう一風呂浴びて、
おやすみなさい。

夜中に強まった雨のしずくがアタンの屋根に
大きな音をたて、何度も目を覚まされました。
それでも明け方にはぐっすりと寝付いたようで、
明るくなるとすっきりと目が覚めました。
外は相変わらずの雨で、靄がかかっていました。
IMG_0643_R.jpg

飲んだ翌日の朝風呂はこれまた最高!
一汗かいた後は食欲も増します。

朝ごはんはおいしくて、珍しくお替りしました。

ゆっくりと休んだ後、大沢駅まで送っていただき
湯沢に向かいました。
昼間の温泉街をぶらぶら歩きしてきました。
夜とはまた一味違う風景です。
IMG_0653_R.jpg
IMG_0654_R_20110321210102.jpg
お土産を買って、

帰りもまた普通列車で、のんびりと帰りました。
一泊、のんびりとさせて頂きました。
どうも、ありがとうございました。


よもやま話 | 17:59:49 | Trackback(0) | Comments(0)