■プロフィール

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■カテゴリ
■リンク
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

■フリーエリア
山菜採り
5月1日
GW真っ最中

昨日帰郷した群馬の息子たちと山菜採りです。

天気予報では雨模様の予報でしたが、
朝起きてみると曇り空、
毎年恒例の西山へ向け出発
道中時折小雨がフロントグラスに水滴を付けるものの
薄日の差す天気、
どうやら山菜採り、出来そうです。

西山の麓に近付くと例年に比べ山の色が違います。
まだまだ緑が少ないです。
山の木々がまだまだ、芽吹きが遅く、
茶色の風景に見えています。ちょっと嫌な予感がよぎります。

それでも小雨のぱらつく中、地蔵トンネルを抜け
林道へ、
急カーブの舗装道路を一気に標高をあげます。
稜線に出る頃には結構道路の両脇に緑が多く見られるようになり、
どうやら収穫の見込みが持ててきます。

途中様子を見ながら、いつもの場所に、
小雨のぱらつく中身支度をして、山道を下ります。
足下にはヒョツヒョツと木の芽が、
ポチポチとつまみながら少し下ると鉄塔のある広場に出ます。

その周りで木の芽やワラビが沢山採れるのですが、
例年に比べ生育が遅い様で、まだ少ないです。
谷間のウドの出る斜面にはまだ雪が残り、
辺りにはカタクリが綺麗な姿を見せています。
山菜の時期には少し早い様です。
それでも息子は日当たりのよい急斜面を下り
ウドをゲットしてきました。
「じいじ」は道の脇のノビルを掘ってきました。

後は車道に戻り、道端のワラビや木の芽を車で
移動しながら、採ります。
IMG_1149_R.jpg
IMG_1154_R.jpg
IMG_1155_R.jpg
薬師峠の近くで、タラの芽を収穫、
西山では少ないコシアブラも取れました。

時折小雨のぱらつく天気でしたが、
息子たちの奮闘で、結構な収穫になりました。
IMG_1150_R.jpg
峠の薬師には綺麗な桜も咲いていました。
IMG_1156_R.jpg

群馬への良いおみやげになり、喜んで、
あわただしく戻りました。

我が家も山菜の天ぷらで、群馬のうどんで夕食です。

天気予報が悪かったんで、予想以上に楽しい一日を過ごせました。







スポンサーサイト
よもやま話 | 17:45:50 | Trackback(0) | Comments(0)
5月3日
GWまっただ中、後半の3連休の初日。
IMG_4800_R.jpg
青空ですが、

ですが今日は自宅です。
今日は長岡市の成人式、
そこへ保育園のタイチが和太鼓の演奏で花を添えるため
出演します。
IMG_1159.jpg
バッチリ決まってますよ!
そこへお父さんとお母さんが付き添いに行くんで、
「じいじ」「ばあば」は子守です。

それに端午の節句近しですンで、
笹だんごとちまきの発送も有ります。

お昼には成人式も終わり、皆揃って昼食を食べて、
子守も終わりです。
後片付けや、配達を終やすと、2時頃になりました。
それから出かけるのもいまいち気が乗りませんので、
明日に期待をかけます。
サーて、天気もよさそうなんで、
どこに登ろうかなーーーー!

よもやま話 | 19:18:00 | Trackback(0) | Comments(0)
米山
3連休の真ん中
今日は完全休業です。
そこで天気予報も良いので、どこへ行こうか迷います。
越後にはこの時期、登りたい山が沢山あります。
昨晩「ばあば」と作戦会議。
守門とも考えましたが、ちょっと長丁場、ご遠慮させていただきます。
そこで7~8年ぶりの米山に決定。
朝6時出発の予定が、二人とも早く目が覚め、
5時半出発となりました。
IMG_4874_R.jpg
IMG_1252_R_20110504232140.jpg
IMG_4902_R.jpg
IMG_4983_R.jpg

詳細は後日…… Zzzzzzzzz






山のぼり | 17:59:29 | Trackback(0) | Comments(0)
米山 2
今日は3連休の最終日。
GWもいよいよ終わりです。
今日は昨日とは違って、予報通りに朝から快晴です。

午前中の仕事もお昼前に終わりましたんで、
コンビニでおにぎりを買って、
大入峠から、鋸山にと出かけましたが、
途中で案の定、雪のため道路が開いていませんでした。
そこで引き返して、東山の麓で1時間余り
木の芽でもと思い、山菜採りをしてきました。
収穫はワラビとコシアブラを少しでした。
IMG_1309 (480x640)
コシアブラの一部、
友達にも少しおすそわけ、
ワラビは早速灰に付けました。
木の芽は一本も有りませんでした。
別に時期が早いわけでなく、アケビのツルが全く見当たりませんでした。
この辺の山では珍しい場所です。

初夏の日差しに新緑が映えて綺麗でした。
IMG_1288 (480x640)

IMG_1305 (480x640)
あちこちに山桜があでやかに咲いていました。

昨日の米山の続きはこちらから。




続きを読む >>
山のぼり | 17:25:00 | Trackback(0) | Comments(0)
シロバナノタンポポ
5月6日

連休明けの金曜日と言う事で、朝からバタバタとヒートアップの一日でした。
気温もヒートアップ、24℃と急に暑くなりましたテ。

庭のシロバナノタンポポがようやく開きました。
IMG_1311_R_20110506230530.jpg

昨年よりずいぶん遅い開花です。
やはり寒い春だったと実感しています。

田んぼではいよいよ田植えが始まりました。
順調に生育できるよう、穏やかな天候を望みます。



よもやま話 | 23:13:04 | Trackback(0) | Comments(0)
山菜採り
5月8日
GWも終わった日曜日。
昨夜来の雨も朝には上がりましたんで、
山菜採りに出かけました。
おじさんや都会に引っ越した友人が毎年楽しみに待っていてくれるんで、(たぶん?)
張り切って採ってこなくては、
勇んで西山へ、

家を出る時は青空が広がっていましたが、
目的地に近付くと山沿いに雲が広がっています。
ちょっと不安が広がりますが、雨は朝のうちだけとの予報を
信じて山に入ります。
昨夜の雨で足元はぐちゃぐちゃ、
草の梅雨は長靴とその上に装着した
新兵器、FootCoverで防げますが、
掴まったり、風で揺れたりするとバラバラと大粒の水滴が降ってきます。
首筋に入るとヒヤッとします。

ズルズルと滑りながら急坂を下りていくと、
有りました、有りました!
ウドが草の間にニョキニョキと顔お出しています。
IMG_1312_R_20110508172856.jpg
これは少し細め

手袋からズボンまでドロドロになりながらも、
そこそこの収穫です。
そこから、降りて来た急坂を
ウドを背負って登り返さねば帰れません!!
息も絶え絶えに戻ってきましたテ

後は、道路を歩きながら木の芽やワラビを頂きます。

その内に冷たい風が強まり、雲も厚くなり
怪しい雲行に、
時間も11時になりましたんで、家路につきました。
本日の収穫
IMG_1314_R_20110508172807.jpg
IMG_1317_R.jpg
IMG_1315_R.jpg
1週間で随分と違い、例年取り少し遅めの山菜シーズンとなりました。
IMG_1319_R.jpg
タラの芽も少し。
家に帰り早速荷造りをして、クール便で発送しました。






よもやま話 | 17:34:14 | Trackback(0) | Comments(0)
権現堂山
5月15日
GWウィークが終わり早半月立ちました。
ようやく当長岡も初夏らしい気候となってきました。が、
ここ数日は台風の様な風が吹きまくっていました。

今朝は朝から快晴で、風も吹いているものの昨日までとは違います。
今日は穏やかになりそうですので、
初夏の権現堂山に向いました。

山古志を通り広神に入ると田んぼの越しの正面に
駒、中、八海の姿がきれいの望めます。
IMG_5006_R.jpg
直に登山口の戸隠神社へ、
すると神社の石段の途中に残雪が…
今迄にも何度かこの時期に登っていますがここで雪を見るのは初めてです。
この後登るにつれ、今までにない残雪の多さに
驚かされます。
IMG_5009_R.jpg
IMG_5024_R.jpg
IMG_5038_R.jpg

快晴の中汗だくになって登り、
山頂でおいしいビールで乾杯!!
IMG_5091_R.jpg

下りは中越から下りましたが、
やはり多くの残雪の中の下りとなりました。
IMG_5125_R.jpg

途中から雪が少なくなり、
所々夏道が出るようになると
1月の大雪のせいか、多くの倒木が道をふさぎ、くぐったりまたいだりの
柔軟体操並みの下りとなりました。

下るにつれ、上がる気温、藪こぎ並みの倒木に
ぐったりです。

これから夕飯です。
たぶん晩酌の後は、バタンキューかと…
と言う事で、詳細はまた、




山のぼり | 18:01:42 | Trackback(0) | Comments(0)
権現堂山 part2
これまで幾度となく登っている権現堂山ですが、
今迄になく多くの残雪の山でした。

登山口の神社の石段にも残る残雪を踏み参拝、
脇の登山道にも雪が残っています。
IMG_5009_R_20110518202918.jpg

一登りで業の秤と呼ばれる尾根の付け根に出ます。
IMG_5010_R_20110517001618.jpg

ここからが今日の最大の難関、
いきなりの急登となります。
両脇は背の低い灌木で、初夏の日差しが容赦なく照りつけます。
IMG_1335_R.jpg
黙々と下を向いて登ります。
両脇に咲くツツジはもう終わりです。色あせ、日差しに照らされ、
萎れています。
IMG_1345_R_20110516234848.jpg
半そでTシャツ一枚の「じいじ」、たっぷりと汗と鼻水を流して
登ります。アッチェーッ!

三合目を過ぎ、四合目を過ぎるとようやく傾斜がゆるみます。
ホッと一息入れ振り向けば、残雪をまとった越後三山が姿を見せてくれます。
IMG_5014_R_20110516235044.jpg
IMG_5030_R.jpg
眼下には小出郷の町並みが見下ろせます。
町並みの生活感がなぜかホッとさせてくれるのも里山ではの風景です。
日差しに白く輝くタムシバの白い花が輝いています。
IMG_5024_R.jpg
IMG_5025_R.jpg

この辺りから所々残雪を踏んでの登りとなります。
IMG_5038_R_20110516235533.jpg
IMG_5036_R.jpg
周りにブナが現れると五合目、
IMG_5046_R.jpg
直にブナ林の急登になります。
新緑が初夏の日差しにきらめいてきれいです。
IMG_5055_R.jpg
IMG_5049_R.jpg

頑張って登って急に傾斜がゆるむと、
山腹をトラバースする道になり、
水音が大きくなると直に大岩の下に清冽な清水がコンコンと湧く
弥三郎清水です。
IMG_5061のコピー_R
冷たい水がおいしく喉を通ります。
IMG_5060_R.jpg

大岩を捲く様に急登です。
IMG_5069_R.jpg
IMG_5066_R.jpg
三つ目の大岩が展望台です。
見下ろすと、ブナの新緑と残雪の鮮やかな風景の上にはに残雪の越後三山が聳えます。
IMG_1368_R.jpg
IMG_1369_R.jpg
心地よい風が吹き上げてきます。
IMG_5033_R.jpg
IMG_5083_R.jpg
IMG_5082_R_20110516235958.jpg
まだ芽吹き前のブナ林、残雪を踏んでの直登で、
下権現の山頂です。

目の前には守門岳から、浅草岳が一望です。
IMG_1380_R_20110517000222.jpg
IMG_1381_R.jpg

右にはつり尾根の先に上権現が残雪をまとって、聳えます。
IMG_5087_R.jpg
さて、どうします。「ばあば」と相談します。
上権現の登りの登山道は残雪の急登の様相です。
今日もまあここでいいか。と、言う事で、ここで速い昼食にします。
IMG_5091_R_20110517000220.jpg
心地よい日差しの中、時間もたっぷりなんで、
のんびりと至福の一時を過ごしました。

この後中越からの下りです。
続く…




山のぼり | 20:40:56 | Trackback(0) | Comments(0)
権現堂山 part3
15日の権現堂山、その後です。

下権現で早い昼食、
地元出身で今は高崎に住んでいるというおばちゃんたちと
おしゃべりしながら、のんびりと1時間ほど過ごしても
まだ11時前、
これも里山ならではの醍醐味、
青空の下、至福の一時、
IMG_5091_R_20110517000220.jpg
IMG_1380_R_20110517000222.jpg

飲んで、食ってそろそろ家路に…
と言っても登山口までは自前の二本足に頑張って戴かなくっちゃなりません!

残雪の多さにちょっと不安材料を抱きながらも、
中越から下ります。

まずは中越の分岐まで、尾根道を下ります。
IMG_5100_R.jpg
残雪にブナの新緑が鮮やかに映えます。
右に左に残雪の越後の山々を望みながらの道はまさに
スカイライン、絶景です。
特に残雪に萌える山毛欅の新緑は爽やかな感動モノです。
IMG_5125_R_20110518234903.jpg
IMG_5126_R.jpg
IMG_5124_R.jpg
IMG_1402_R.jpg

いよいよ中越からの下りです。
例年に無く多くの残雪に埋められています。
それでも何回か下っている道です。
およその見当をつけて下ります。
残雪のブナ林を快適に下ります。
間もなく雪が無くなると夏道を探します。
見当通りにじきに見つかるとホッとします。
IMG_5130_R_20110518235950.jpg

幾度か残雪に道が分からなくなりますが、
夏道を探しながら下ります。
幾度か通った道ですので、ほぼ夏道通りに下ります。

五合目を過ぎると夏道の下りとなります。
ここからが大変な下りとなります。
1月の大雪のせいで、多くの倒木が道をふさいでいます。
所により、まるで藪こぎの様相です。
またいだ木が跳ね上がると跳ばされそうになります。
潜ろうとするとザックがヒッカリます。
潜ったり、またいだり柔軟性を失って硬っくなった体には堪えます。
途中杉林では、根周り2mも有りそうな大木が根本から
裂けるように倒れ、道を塞いでいます。
苦労の下りになりました。
そんな中でもカタクリの群落が現れ、癒してくれます。
IMG_5131_R.jpg
IMG_5139_R.jpg
ヤマザクラ
IMG_5141_R.jpg
キクザキイチゲ
IMG_5137_R.jpg
ミツバツツジ
IMG_5143_R.jpg

ようやく長い下りも本沢沿いに下る様になれば
間もなく登山口の戸隠神社へ、

今迄に無い残雪に苦労させられましたが、
それなりに晴天の下、たっぷりと汗をかいて、楽しい一日でした、S!、

例によって我が家で一風呂浴びて、
昼間っからのビールは五臓六腑にしみ渡りました。








山のぼり | 20:30:27 | Trackback(0) | Comments(0)
5月23日
今年の天気は此の梅雨入りの一番いい気候の時期に
なかなか安定しません。
夏の様な日の後に一気に気温が下がるという
パターンが繰り返されています。
今日も昨日に続き肌寒い一日でした。

田植えの終わった田んぼでは、
まだ幼い稲が寒そうに風に震えてます。
IMG_1450小
IMG_1427のコピーのコピー
これから天候に恵まれ、元気に育ってくれるように祈ります。


よもやま話 | 21:10:52 | Trackback(0) | Comments(0)