■プロフィール

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■カテゴリ
■リンク
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

■フリーエリア
三ノ峠山
11月3日
晴れの特異日と言う事ですが日本海側では
晴れる確率はそんなに高くは無いです。
案の定朝からショボショボと雨降りです。

午前中はゴロゴロしたり、
買い出しに出かけて来て、昼を食べていると空が明るくなって、
少し青空ものぞいて来ました。

そうなれば家でじっとなんかしてらんねぇーです。
かと言ってこれから本格的な登山には時間が足りねぇんで、
こういう時の定番、東山の三ノ峠山です。
水と傘だけ持って、途中で缶コーヒーを買って登ります。

綺麗に紅葉した登山口から登り始めます。
IMG_3115_R.jpg
低山で鮮やかとはいきませんが、
IMG_3116_R.jpg
黄葉が見られます。
IMG_3119_R.jpg
IMG_3126_R.jpg
所々キレイな紅葉も見られます。
IMG_3137_R_20111103203455.jpg
この頃には時折日も差してきて、
色づいた木々が一層鮮やかに輝きを増します。
IMG_3136_R.jpg
IMG_3142_R_20111103203454.jpg
IMG_3144 (800x600)

IMG_3145_R.jpg
IMG_3146_R.jpg

ファミリーコースから健脚コースに入り一登りで、
ブナ平に出ます。

この後一気に杉林の鬱蒼とした、急登を登り、尾根に出ます。
IMG_3151_R.jpg
ここからは緩やかな尾根道の登りです。
まだまだ木々の葉が茂り、見通しはききません。
IMG_3157_R.jpg
足下においしそうなシモタケ?たぶん。
IMG_3128_R.jpg
名残りのアキノキリンソウ
IMG_3147_R.jpg
あちこちに咲くシロヨメナ
IMG_3131_R_20111103212146.jpg
ツルリンドウの実
IMG_3150_R.jpg
ムラサキシキブ

少しで東側の開けた鋸山展望台に。
ここから少しで三ノ峠山山頂ですが、山頂は周りを木々に遮られ、
落葉期以外は展望が利きませんので、
今日はここを終了点にします。
IMG_3165 (800x600)
鋸山を正面に缶コーヒーを飲みます。
秋らしく無くモヤッとした空気に目の前の鋸山が霞んでいます。
IMG_3166のコピー_R
鋸山

IMG_3171_R.jpg
風谷山

風も無いんですが、コーヒーを飲むうちに汗ばんだ体はすぐに冷えてきます。
直ぐに下ります。
IMG_3175_R_20111103205635.jpg
IMG_3174_R.jpg
IMG_3177_R.jpg

急坂を下り、ファミリーコースに戻る頃にはまた雲が暑くなり
ブナ林に入るとまだ午後3時と言うのに、薄暗くなります。
IMG_3190_R.jpg
雪の重さで腰が曲がりました。

IMG_3187_R.jpg

ここからは幾筋にも枝分かれするコースがきれいに整備されています。
IMG_3192 (800x600)
IMG_3194_R.jpg
IMG_3198_R.jpg
IMG_3200_R.jpg
所々に白樺が!?
IMG_3195_R.jpg
半分だけ色づいた葉

赤松の林を通り野鳥の森を通るとまもなく駐車場が見えてきます。

駐車場につく頃には小雨が降り始め、車に乗り込むと
いよいよ本降りとなりました。
結局傘は一度も開かずに済みました。

先月の米山以後好天には恵まれるものの
週末になると雨となり、山へ登れませんでした。
2時間ほどでしたが、雨に降られず、
山を楽しんでこられました。




スポンサーサイト
山歩き | 18:12:13 | Trackback(0) | Comments(0)
11月13日

先月の体育の日以後日曜になると雨。
文化の日に午後の晴れ間に三ノ峠に登った以外、
山に行けていません。
この時期雨の山はちょっとキッツイです。「じいじ」「ばあば」には、
せっかくの紅葉の山、秋晴れの中、登りたかった

そんな訳で、今日は年末の「こがね餅」のDM作りでした。
お歳暮に、お正月用に
おいしいお餅とこしひかりをどうぞ、お願いいたします。
こがね餅のコピー

餅3パック箱小
間もなく年末商戦突入です。
頑張らんバ!


よもやま話 | 17:52:37 | Trackback(0) | Comments(0)
三ノ峠山
11月もすでに二十日。

また今日も雨。
これで6週連続雨の日曜日。

まるでたたりジャー

こうなったら雨でも行くぞー!
雨にも負けず、風には負ける、
幸い、朝には小降りながら、風は吹いてません。
6時半から町内の三角公園の雪囲い。
1時間ほどで、小雨の中無事に終了。
朝飯はお茶づけで済ませ、
そそくさと支度していざ山へ!
と、張り切っても本格的な山へ向かう根性無し、
こういう時の頼みの山は、

そう! 三ノ峠山、

9時頃になって家を出ます。

ファミリーランドの駐車場、さすがにほかの車は無し。

貸し切り状態の中、傘差して登り始めます。
IMG_3209_R.jpg
IMG_7359_R.jpg
IMG_3215_R.jpg
IMG_3217_R.jpg
小雨が降っていますが、意外と空が明るく、
期待が持てます。

もう11月20日と言うので初冬の山かと思っていましたが、
山に入ってみるとまだまだきれいな紅葉が残り、
晩秋の趣でした。
IMG_7346_R.jpg
里山ですので、鮮やかな赤は少ないですが、
淡い中間色のもみじも綺麗です。
IMG_7355_R.jpg
IMG_3307_R.jpg
ブナやナラの木をはじめの黄葉も鮮やかです。
IMG_3318_R.jpg

IMG_7390_R.jpg
IMG_7375_R_20111120201338.jpg
IMG_7439_R.jpg
IMG_7442_R.jpg
IMG_7417_R.jpg

山頂では日も差し白いブナの木肌にもみじが鮮やかでした。
IMG_7404_R_20111120201337.jpg

 IMG_7397_R.jpg

日差しに眼下の黄葉が、一層鮮やか見見えます。
IMG_3262_R.jpg

IMG_7425_R_20111120202949.jpg

遊友小屋をお借りして缶コーヒーで一服、
IMG_3275_R.jpg

下りながらも綺麗な黄葉に、撮影に余念がありません。
IMG_7481_R.jpg

IMG_7486_R.jpg
IMG_7487_R.jpg
IMG_7489_R.jpg

「じいじ」は黄葉の撮影になかなか先に進みません。
IMG_3321_R.jpg
IMG_3329_R.jpg
まぁ、急ぐ旅ではありませんから。

この葉の空中浮遊…
IMG_7351_R.jpg
IMG_7503_R.jpg

ムラサキシキブが沢山きれいな実を付けていました。
IMG_7392_Rのコピー
IMG_7459_R.jpg
IMG_7463_R_20111120204337.jpg

ツルリンドウ
IMG_7495_R.jpg

オヤマノボクチ?
IMG_7465_R_20111120204239.jpg

名残りの栗、まだ落ちずに頑張っていました。
IMG_7421_R.jpg

それでも大樹は葉を落としもうすぐ訪れる冬への備えです。
IMG_7441_R.jpg

IMG_3286_R.jpg

思いのほか雨に降られず、思いのほか綺麗な黄葉が見られ、
思いのほか楽しんでこられました。
IMG_7480_R.jpg
駐車場に着く頃には暗くなり雨風の荒れ模様になってきました。

やっぱり思いきって出かけて良かった……。 ラッキーでした。

今夕飯を終って書いていますが、本降りになって、
気温が随分下がってきました。
明日からも雨の予報です。
当地は、いよいよ冬近しです。


山歩き | 18:05:30 | Trackback(0) | Comments(0)
権現堂山
6週間と3日ぶりの晴れのの休日となりました。
おとといまでの予報では今日も曇りと雨の予報でしたが、
昨日になって急きょ日中は晴れの予報!
えっ!ホント?と、
良い予報は疑ってはいけません。罰が当たります!!

て、訳で、どこに行こうか昨日の夜は「ばあば」と大盛り上がりです。
とは言っても21日の降雪で、
IMG_7513 (800x533)
21日の我が家の庭はみぞれでしたが…
近くの山には降雪がまだら模様ながら白くなっていました。
高い山はかなりの降雪と思われますンでそう遠くの山は無理です。

そこで「ばあば」の一声で目標は権現堂山と決定致しました。
昨晩いそいそと準備いたし、
今朝は5時前に目覚ましもかけずに起床。
そそくさと準備いたし、
まだ暗い、6時前に出発です。

走るうちにずんずうと明るくなり、
山古志を通る頃、
こんなン出ましたーァ
IMG_7523_R.jpg
越後三山
IMG_7527_R.jpg
八海山の
雪をまとった雄姿がッァ

今日のお天気が期待できます。

7時半、登り始めます。
権現堂山IXY_012_R
IMG_7653_R.jpg
IMG_7566_R.jpg
権現堂山IXY_065_R
権現堂山IXY_073_R
想定以上の積雪にずい分苦労しましたが快晴の青空の下、
存分に楽しんできました。

我が家に戻って、
風呂に入って、
ビールでのどを潤し。
晩酌にまた1杯飲んだら、
ドット疲れが出て、
おやすみなさい……

続きはまた…


山のぼり | 22:53:30 | Trackback(0) | Comments(0)
権現堂山Ⅱ
昨日、権現堂山の続きを書くつもりでしたが、
男子バレーW杯 セルビア戦が面白くついつい応援に熱が入って
見入ってしまいました。
とは言え、最終セットの途中でダウンしましたが…
もう勝ったかと思ったんですが…
111124_vol_ishijima.jpg
 (http://sportsnaviより)
後半もいい試合してたんですがねぇ

23日の続きです。

続きを読む >>
山のぼり | 23:20:05 | Trackback(0) | Comments(1)
鋸山
11月27日
今日も朝は青空が広がりました。
先週まで日曜日には雨が降っていましたが、
ようやく晴れの休日がめぐってきました。

23日に続き晴れれば気持ちは山に向います。
しかし今日は朝一に赤飯の配達がありますんで、
朝9時過ぎの出発になります。
行き先は限られます。
鋸山に即決しました。

青空の下一路登山口に、
栖吉の奥の駐車場についてビックリ!
すでに満車状態。
わずかに空いたスペースに駐車、
支度をしている内にも次々に車が入ってきてすぐに満車です。
IMG_7755_R.jpg

10時近くになっても日の差さない駐車場はヒンヤリとしています。
脇の草には霜が降りていました。
鋸山IXY_005_R
鋸山IXY_007_R
IMG_7754_R.jpg

登り始めは日蔭の道、霜が降りたようですが、
すでに大勢の人に踏まれ、グチャグチャの泥道になっています。
IMG_7760_R.jpg

少し登り、足下の雪を踏むようになると朝日が差し込み、
対岸の斜面の名残りの紅葉が輝きだします。
鋸山IXY_013_R
鋸山IXY_017_R
IMG_7773_R.jpg

登るにつれ、いっぱいに広がっていた青空に
徐々に白い雲が広がり始めます。
お天気の崩れる様な雲ではありませんが…
IMG_7775_R.jpg
IMG_7782_R.jpg

IMG_7786_R.jpg

長岡市街の展望が開け、その奥の西山の先にかすかに佐渡島も望めました。
IMG_7765_R.jpg
画像では確認できませんが…

足下の雪も段々多くなりますが、
先日の権現堂山と違い、すでに多くの人達に踏まれ、
しっかりと道が付いていて歩きやすいです。
IMG_7787_R.jpg

花立峠への尾根道に出ると日当たりの道となり、
白いベールの様な雲越しながらグーンと体感温度が上がり汗が噴き出ます。
背後に妙高連山が白く輝いて連なっています。
鋸山IXY_057_R
IMG_7813_R.jpg

ひと頑張りで花立峠、
IMG_7791 (533x800)

ここからは気持ちのよいブナ林の道となります。
IMG_7794_R.jpg
鋸山IXY_061_R
鋸山IXY_063_R
IMG_7824_R.jpg
IMG_7821_R.jpg
鋸山IXY_062_R

木の間越しに越後三山から連なる守門岳への山並みが
山頂に雪を抱き白く輝いています。

ブナ林の道を鋸の名の由来どうり
アップダウンを繰り返し、
道の脇に石仏を見るようになるとようやく
IMG_7797 (533x800)
IMG_7812_R.jpg

鋸山山頂です。
目の前の守門岳、浅草岳、毛猛山塊から越後三山の展望が出迎えてくれます。
IMG_7815_R_20111127211144.jpg
IMG_7826 (800x533)
山頂の先へ少し下ると北方の展望が開けます。
粟ガ岳が大きく、その左には真っ白な飯豊連峰まで望めました。
鋸山IXY_074_R
IMG_7810_R_20111129145907.jpg

山頂は日差しも弱く風が冷たくなっていましたので、
山頂での昼食はあきらめ、陽だまりを求めて花立峠へ戻る事にしました。

IMG_7823_R.jpg
IMG_7827_R.jpg
IMG_7828_R.jpg
IMG_7818_R.jpg
IMG_7850_R.jpg
IMG_7819_R.jpg
花立峠近くの半蔵金への分岐で、越後三山を眺めながらの
至福の一時を過ごしている内に風が強くなり、体が冷えてきます。
そそくさと片付けて、一路下山します。
IMG_7857_R.jpg
IMG_7856_R_20111127212726.jpg
IMG_7841 (800x533)

雪の道のクッションが効いて楽に下れます。
下るにつれ、日差しも戻りまた汗が出てくる頃に川を渡り間もなく登山口到着です。
今日は登りにも下りにも多くの人達と擦れ違いました。
「じいじ」「ばあば」と同じく、
お天気に誘われ、お尻がムズムズして山に向ったんでしょうか?
午後1時半になっても
駐車場にはまだまだ多くの車が止まっていました。
IMG_7867 (800x533)

帰り支度をしている内にもまだこれから登る人がやってきました。

帰りにスーパーによって夕飯の買い物を済ませ、
家に帰って
例の通り、
一風呂浴びて、
一杯の
缶ビール!!
サイコーにウンメェーでした。


山歩き | 18:31:56 | Trackback(0) | Comments(0)