■プロフィール

komeじいじ

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■カテゴリ
■リンク
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア
今日から5月
GW前半も終わり、
今日から5月、というのに、今日も最高気温27℃、
ここ数日夏日が続いています。

29日も夏日でした。
雪山の上でもポカポカと温かく、
風が心地よく吹いていました。

銀山平も銀世界ですが、河原の柳の芽も膨らみ、
IMG_0022_1.jpg
IMG_0023_1.jpg
雪の消えた後から、フキノトウが顔を出していました。
IMG_0026_1.jpg

トンネルをいくつか抜け、麓に近づくと
風景が一転、初夏の日差しの下、残雪にブナの芽ぶきが輝いていました。
IMG_0030_1.jpg
IMG_0035_1.jpg
IMG_0032_2.jpg
奥只見シルバーラインのトンネルを抜ける度に風景が
突然の変化は舞台の暗転の様です。

いよいよお楽しみの山菜のシーズンになります。





スポンサーサイト
よもやま話 | 22:32:48 | Trackback(0) | Comments(0)
六万騎山
5月3日
4連休の初日
予報通り朝から雨
TVでみると太平洋側は大変な豪雨で被害も出ている様子。
長岡では降ってはいるものの空は明るいです。

朝、赤飯の配達を終わらせてから、六日町の六万騎山へ出かけてみました。

川口を過ぎたあたりからだんだん明るくなり、
堀ノ内あたりから、
IMG_4711.jpg


六万騎山に着く頃には青空も顔をのぞかせました。
雨を覚悟して、長靴に傘差して、と支度してきましたが、
傘は不要の様です。

登り始めてすぐにイカリソウが、
当長岡では白いトキワイカリソウしか見かけませんですので、
赤い色は初めてです。
IMG_0036_R_20120503230012.jpg
IMG_0039_R_20120503230432.jpg

カタクリはすっかり終わっていましたが
登るにつれどんどん増えるイカリソウにすっかり魅了されました。
またどんどんと青空が広がり、日差しが暑くなってきました。
IMG_0041_R_20120503230011.jpg
IMG_0044_R.jpg

振り向けば木々に間からは巻機山が大きく輝いていました。
IMG_0063_R_20120503231006.jpg

思ったより急な階段に汗が噴き出す頃には
足下はイカリソウで彩られ、
ミツバツツジも満開の艶姿で競っていました。
IMG_0060_R_20120503230755.jpg

山頂近くにはビッシリと敷き詰めるようにカタクリが、
すっかり花が終わり実をつけていました。
花盛りには見事な事でしょう。

城跡からは山頂こそ雲に隠れていましたが、
巻機山が大きく初夏の日差しに輝いていました。
IMG_4753_R.jpg

山頂付近には名残のカタクリ。
IMG_0077_R.jpg
IMG_0079_R.jpg


IMG_0074_R.jpg
IMG_0084_R.jpg

ネットのアップロードが錯綜しているようで、
繋がりにくくなっていますンで、
明日つ続きを
IMG_0098_R_20120503232305.jpg






山歩き | 23:23:24 | Trackback(0) | Comments(0)
六万騎山 Ⅱ
4連休の二日目、
今までとは打って変わって肌寒い雨の一日でした。
今日は旬の笹団子とちまきの発送がありましたんで、
午前は仕事してました。

午後はFAX.の具合が悪くなっていましたんで、注文しておいた、
ブラザーの複合機MFC-J6910CDWが到着しましたんで、
その設定をしていました。
順調に稼働しました。

昨日の六万騎山ははれ女の「ばあば」と
はげ男の「じいじ」のコンビで、晴れ間に歩いてこれました。
カタクリには遅かったもののイカリソウが綺麗に
たくさん咲いていました。
IMG_0098_R_20120504203635.jpg
IMG_0105_R.jpg
IMG_4800_R_20120504203633.jpg
IMG_0040_R.jpg


白い花はトキワイカリソウ?
IMG_0057_R.jpg
IMG_0092_R_20120504204902.jpg

色の変化がありました。
IMG_0097_R.jpg
IMG_0040_R.jpg
IMG_0100_R.jpg
ほんとたくさん咲いていてビックリしました。

白いトキワイカリソウだけ見てきたので、
赤い色がひときわ鮮やかに目に焼きつきました。

イカリソウの赤い色に対比して新緑も鮮やかな緑が輝いていました。
IMG_0044_R.jpg
IMG_0042_R.jpg
IMG_0124_R_20120504205616.jpg
IMG_0118_R.jpg

IMG_0110_R.jpg

IMG_4760_R.jpg
IMG_4764_R.jpg

こんな緑の恵みも
IMG_0137_R_20120504210348.jpg
IMG_0123_R.jpg
IMG_0130_R.jpg
IMG_0132_R_20120504210345.jpg
でもこの時は撮るだけです。

ゆっくりと歩いて1時間余り、
麓に近くなった頃には巻機山にガスがかかり、
霧の様な雨が当たってきました。
ちょうど良く降られずに済みました。

帰りに八海山大崎口の宮野屋のそばを食べてきました。
里宮に着いた時には本降りになっていました。

「じいじ」も「ばあば」も宮野屋に寄るのはン十年ぶりで、
懐かしかったです。

八海山神社に参拝して家路に着きました。
IMG_4806_R.jpg
IMG_4807 (640x480)


山歩き | 20:51:42 | Trackback(0) | Comments(0)
御嶽山
4連休もあっという間、
三日目になりました。
天気予報では好天は望めませんでしたので、
傘を持って出かけることに。

行先は魚沼市の堀ノ内の月岡公園の奥のハイキングコース、
御嶽山に、

ところが車で走るにつれ空はどんどん明るくなり、
青空が広がってきました。

堀ノ内に入って「じいじ」のいい加減なカンナビで、
少し迷いましたが、月岡公園は、すでに大勢の人が遊びに来ていました。
公園の脇を進むと御嶽山登山口です。

まだ雪の残る道を登り始めるとすぐにブナ林の登りです。
この頃にはすっかり青空が広がり、新緑が輝いています。
御嶽山1 (1)
御嶽山1 (5)
御嶽山1 (2)
御嶽山1 (4)

よく整備されたブナ林を登るとじきに展望が開けます。
御嶽山1 (8)
御嶽山1 (9)
御嶽山1 (10)
目の前には駒ケ岳が、
左には権現堂山から唐松山、
山頂付近には雲が残っているものの、里山とは思えない展望が広がります。

ミツバツツジの咲く道を登るとさらに展望が開けます。
御嶽山1 (11)
御嶽山1 (13)
御嶽山1 (17)
御嶽山1 (18)

避難小屋を過ぎるとすぐに306Mの御嶽山山頂です。
道はさらに先に進みます。
御嶽山1 (15)

いったん下り、登り返すと東屋のある、326M台地に。
目の前には越後三山がドーンと肩を並べてます。
御嶽山1 (22)

先ほどまで山頂に懸かっていた雲もすっかりとれ、
きれいに姿を見せてくれました。
そこに連なる魚沼の山並みも初夏の陽光に輝き、
緑と白のコントラストがひときわ鮮やかでした。
御嶽山1 (19)
御嶽山1 (25)
IMG_4861_R.jpg

戻る道は権現堂山を眺めながら下ります。
その奥に先ほどまで雲に隠れていた守門岳がひときわ白く輝いて見えました。

御嶽山1 (24)
IMG_4886_R_20120505212102.jpg

イワカガミ、イワウチワやイワナシを足下に見ながら下ればじきに
御嶽山1 (33)
御嶽山1 (35)
御嶽山1 (30)
御嶽山1 (28)
御嶽山1 (12)
御嶽山1 (14)
御嶽山1 (16)
御嶽山1 (23)

ブナ林です。
緑のシャワーを浴びてリフレッシュできました。
御嶽山1 (31)
御嶽山1 (32)
御嶽山1 (34)
御嶽山1 (36)
御嶽山1 (37)

車道の脇にフキノトウがたくさん出ていました。
御嶽山1 (38)
御嶽山1 (39)
御嶽山1 (40)

思いがけない好天に恵まれ、
300M余りの里山とは思えない展望に
大満足の一日でした。



山歩き | 20:42:27 | Trackback(0) | Comments(0)
山菜取り
5月も半ば近くになりようやく山菜取りに出かけました。
GWの天気予報が悪かったんで、山菜取りの計画が立てられませんでした。

おとといからの低温気象で、
今朝起きてみたら曇り空で寒い風が吹いていました。
が、予報は晴れなんで、出かけることに。

大積の地蔵峠から山道に入ります。
やはり例年より十日ほど遅いんで、
道路の両側の草が伸びて、道幅が狭くなっています。
すっかり緑が濃くなっていました。

例年の桜の木の下に車を止めます。
今年はすっかり緑になっていました。
肌寒い風の中支度して山に入ります。
IMG_4921_R.jpg

草の伸びた急斜面に入るとすぐにウドが目に入ります。
あちこちにほかの草に負けないくらい背を伸ばして目立っていました。
その芽だけでも天ぷら用にと摘みながら、
急斜面を探し回り、ちょうどよい物を収穫しました。
その後急斜面を息も絶え絶えに上り返して戻ります。
IMG_4922_R.jpg
すっかり緑濃くなりました。
IMG_4927_R.jpg

大きなナルコユリ群生です。
IMG_4929_R.jpg

その後もう一か所探して、ウドを収穫出来ました。
この頃にはすっかり青空が広がり初夏の陽気になっていました。
IMG_4941_R_20120513214513.jpg

麓は田植えの始まった田んぼが光っています。
IMG_4933_R.jpg
その後は道路の脇の木の芽やワラビを頂戴して家路につきました。
IMG_4928_R.jpg
IMG_4924_R.jpg


親戚や友人に今年の初荷を発送しました。
IMG_4946_R.jpg

ワラビ
IMG_4948_R.jpg

伸びたウド
IMG_4951_R.jpg
ちょうどいいウド
IMG_4952_R.jpg

木の芽
IMG_4949_R.jpg

ノビル
IMG_4950_R.jpg

夕飯は「ばあば」の奮闘で山菜ずくしでした。
ウドのてんぷら、木の芽のお浸しには卵の黄身とかつをぶしを和えます。
生ウドとノビルは味噌で行きます。

これぞ山菜取りのだいご味です。
酒飲みには応えらんねぇです。
ウンメぇカッたです。

PS
家に戻った時に「ばあば」に群馬の息子夫妻から
プレゼントが届いていました。
今日は母の日?
敬老の日ではありませんが……
「ばあば」はお気に入りでした。ありがとうございました。




よもやま話 | 17:57:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コハ清水まで
好転の予報にどこに行こうか迷いましたが、
この時期限定の山菜取りコースとしました。
東山のコハ清水コースです。

それでも少しバージョンを変えて、
ブナ平経由の三ノ峠越えのロングコースです。

雨の心配はないので、たっぷりと時間はあります。

山菜をとりながらたっぷりの時間を過ごし大満足の一日でした。

朝6時半、ファミリーランドから登り始めます。
早朝ながらまばゆい日差しが差し込む中登り始めます。

すっかり濃くなった緑に山菜は無理かも、と思いながら登ります。
ブナ平近くになるとワラビが採れました。

コシアブラはすっかり葉を広げていました。

木の芽をとりながら歩けばブナ平です。
少し平らな道を歩き、杉林の中に設置してあるロープにつかまりながらの急登で稜線に出ます。
眼前に鋸山が飛び込んできます。
IMG_0353_R_20120520230750.jpg

三ノ峠山まで稜線歩きです。
木の芽やワラビが目に入るようになりました。

山頂近くになると思いがけず、うまそうなコシアブラがゲットできました。
IMG_0339_R.jpg

山頂を過ぎると道は下りにかかります。
道のわきの木の芽やワラビに足を止められ、なかなか先に進めません。
時間に余裕はあるものの目的地まだはまだ先が長いです。
なお、下ると南方面の展望が開けます。
米山、越後黒姫が望めます。

途中観鋸台と書かれた広場に出ました。
眼前に鋸山が大きいです。

さらに下ります。
帰りを気にしながら、、、、
でも木の芽やワラビが……

道が登りにかわると直に栖吉方面からの道と合流します。

ここからは何度も歩いた道です。
コハ清水まで頑張って登ります。

道端にはショウジョウバカマやカタクリが咲き
ひと月ほど季節が逆戻りです。

雪の残る道を一登りで、
例の木の芽の場所に到着、
しかしまだ芽ぶきにはまだ早かったようです。

とりあえずコハ清水で一服します。
すっかり高くなった日差しに緑がまぶしいです。
IMG_0394_R.jpg
IMG_0393_R_20120520230925.jpg
IMG_0395_R_20120520230924.jpg

後はあちこちより道しながら下りにかかります。

今までの記憶を頼りに、寄り道しながら、
ウドをゲットできました。

そのうちすっかり時間が過ぎ、
気がつけば午後となっていました。

ようやく三ノ峠山に戻り、
一息入れ、最後の下りにかかるころにはすでに13時となっていました。


それでもワラビに目が奪われ足が止まります。

ブナ平を過ぎ、ファミリーランドのハイキングコースに戻るころには
誘惑も無くひたすら下り、
14時過ぎ、7時間ぶりに駐車場に戻りました。

初夏の一日たっぷり遊んで、
存分な収穫、
IMG_0437_R_20120520230632.jpg
IMG_0439_R.jpg
たっぷりの疲労、筋肉痛、
大満足の一日です。

とりあえず記事だけ
あす詳細の写真をアップします。



山歩き | 23:13:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コハ清水 Ⅱ
昨日の続きです。

IMG_0309_R.jpg
すっかり緑濃くなったファミリーランドから登り始めます。

IMG_4954_R.jpg
初夏の陽光が木漏れ日となってまぶしく

いつの間にか「ばあば」の手には獲物の入ったポリ袋が…
IMG_0320_R.jpg
IMG_0348_R_20120521210915.jpg

濃い緑に葉隠の術
IMG_0343_R.jpg
IMG_0348_R_20120521212711.jpg
IMG_0339_R.jpg
IMG_0406_R.jpg
こんな獲物が!

IMG_0380_R.jpg
日蔭の登山道に残る残雪の上が涼しく気持ちいいです。
でも頭上には初夏の日差しがまばゆいです。
IMG_0378_R.jpg
IMG_0387_R.jpg
IMG_0393_R_20120521212957.jpg

青空のもと緑の中のコハ清水で休憩です。
IMG_0395_R_20120520230924.jpg
IMG_0394_R.jpg
今日はここまでで、後は下りながら、長丁場になります。

足元にはまだカタクリが咲き、
IMG_0412_R.jpg
日当たりのいいところはタニウツギが鮮やかです。
IMG_0420_R_20120521214633.jpg
鋸山が大きく、麓の花立駐車場には一杯の車が見えました。
IMG_0416_R.jpg
スキー場からのモーターグライダーが飛び回っていました。
IMG_0421_R_20120521214632.jpg

下りでもなお獲物に目がとまります。
IMG_0428_R_20120521214631.jpg

IMG_0436_R_20120521215309.jpg
登り始めて7時間半、18655歩、距離9.5km
いっぱい歩きました。

IMG_0437_R_20120520230632.jpg
十分な獲物を頂戴いたしました。

たくさんの花々も咲いていました。
こちらから




続きを読む >>
よもやま話 | 22:33:27 | Trackback(0) | Comments(0)
5月27日
5月最後の日曜日。

朝から忙しい一日でした。

まず朝一は三角公園と道路わきの花壇の花の植え付けです。

それが終わると赤飯の配達をしながら、
孫の運動会の応援へ、
長い保育園通いもとうとう一人となりました。
IMG_0529_R_20120527231314.jpg
IMG_0520_R_20120527231315.jpg
IMG_0457_R.jpg

暑いくらいの好天に恵まれ無事に終えました。
「じいじ」「ばあば」はそのまま小千谷に向かいます。

途中お昼とおやつをを購入。
そのまま小千谷の時水城山へ向かいました。

そうです。
せっかくのお天気ですので、昼から一登りです。
そうたっぷりと時間はありませんので、
目標を時水城山としました。
IMG_0600_R.jpg
IMG_0601_R.jpg
IMG_0612_R.jpg

暑い日差しの中、登山口の婆清水を汲んで登り始めます。
午後に日差しにたっぷりと汗をかき、
くだりには山の恵みを戴き
存分に楽しい一日を過ごさせていただきました。
IMG_0629_R_20120527231437.jpg
IMG_0633_R_20120527231436.jpg
IMG_0646_R_20120527231433.jpg
IMG_0649_R.jpg
IMG_0643_R_20120527231435.jpg

夕飯には冷ややっこで一杯、
バタンキュー、
今起こされて…

詳細は…


よもやま話 | 23:18:05 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad