■プロフィール

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■カテゴリ
■リンク
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

■フリーエリア
もみじ園
いよいよ11月に入りました。
今日は文化の日、
午前中は仕事でした、雨が降ったりやんだりでした。

午後からは時折晴れ間ののぞく天気になりました。

親戚への用がありましたので、
ついでに越路の「もみじ園」によってきました。

曇り空の下、冷たい風が吹いていましたが、
たくさんの人が次々に訪れていました。
IMG_0847.jpg
IMG_6437.jpg
IMG_6447.jpg

駐車場に車を止め坂道を登ると
まだまだ青が強いですが
いよいよ紅葉がきれいになってきていました。

IMG_6458.jpg
IMG_6465.jpg
IMG_0821.jpg
IMG_0842_20121103215043.jpg
IMG_0839.jpg

IMG_6473.jpg
IMG_0830.jpg
IMG_0854 (640x427)
IMG_0826 (640x427)

これからの冷え込みできれいになるでしょう。



スポンサーサイト
よもやま話 | 22:01:53 | Trackback(0) | Comments(0)
権現堂山
土日と連休です。
天気予報は日曜日がよい予報でしたんですが
昨晩から降りはしないですがいまいちはっきりしない天気で、
朝も雲が多く6時半を過ぎ明るくなって、
ようやく青空が見える様になり、
ようやく気合が入りました。
7時過ぎ、行き先を権現堂山と決め、大急ぎで支度をして、
8時前に出発です。
途中通った山古志
IMG_0865.jpg

そのころにはまた空が暗くなり、心配しながらの道中です。
登山口の戸隠神社前の駐車場に着く頃には
所どころに青空が覗き期待が持てます。

神社の石段を登り参拝。今回はお賽銭を持たずに来ましたんで、
2礼2拍1礼のみで失礼いたします。
IMG_0867.jpg
IMG_0869.jpg

一登りで、業の秤と呼ばれる開けた場所に、
IMG_0871.jpg
ここからが急登です。
IMG_0875.jpg
IMG_0874.jpg
灌木帯の急登で、足元はゴロゴロと岩混じりの
歩きにくい道に苦戦しながら登ります。
おりしも青空が広がり背あぶりながらの登りに
汗が噴き出します。

しかし、日差しに輝く尾根はまさに錦秋の尾根と輝きを増します。
IMG_0901.jpg
IMG_0902_20121104215853.jpg
IMG_0906.jpg

IMG_0905_20121104215853.jpg

道の脇のナナカマドなどが一層鮮やかに真っ赤に色を増します。
IMG_0888_20121104220107.jpg
IMG_0876_20121104220107.jpg
IMG_6554.jpg
IMG_6548.jpg
IMG_0945.jpg
IMG_0953.jpg

たっぷりと汗をかいた頃に、
振り向くと越後三山が出迎えてくれます。
残念ながら今日は三山方面は雲が厚く
頭を雲の中に隠していましたが、いつの間にかずいぶんと雪化粧していました。
IMG_0903.jpg

周りにブナが現れるの急登もひと段落。
越後の美人ブナともみじの共演です。
しばし目の保養しながらの登りを楽しみます。
IMG_0916.jpg
IMG_6565.jpg
IMG_0940.jpg
IMG_0919.jpg
IMG_0925.jpg
IMG_6567.jpg
IMG_6562.jpg
IMG_0937.jpg

また急登ひと頑張りしトラバースの道になるとじきに
弥三郎清水。
相変わらず清冽な清水が音を立てて流れ落ちて行きます。
IMG_6597.jpg

ここからは大岩の間を縫う様に急登が続きます。
とにかくこのコースは急です。フーッ
IMG_0947.jpg

ここを登り切れば直に下権現堂山、山頂です。
IMG_0954.jpg

定番のビールとラーメンとおにぎりのランチ、
流れる雲の隙間からの日差しが心地よく
その後、別腹のロールケーキとコーヒー、
IMG_6635.jpg

下りは中越から沢沿いの下りです。
が、もはや「じいじ」の限界です。
もう何度も書き直ししています。また!

ここで続きと致します。
「じいじ」は夢の中で……



山のぼり | 21:42:06 | Trackback(0) | Comments(0)
権現堂山 Ⅱ
山頂で小一時間ものんびりしていましたが、
雲が流れ、日がかげると途端に
体が冷えてきます。

そろそろと下りにかかります。
上権現堂山との吊尾根の中間にあたる中越からの下りになります。
IMG_0969.jpg

下権現堂から急な下りになります。
その先の吊尾根が鮮やかな秋色に染まり、
その奥に毛猛山塊の雪化粧姿が見事な景色を
見せてくれました。
IMG_0971.jpg
IMG_6649.jpg
IMG_6660.jpg
IMG_0972.jpg
IMG_0977.jpg
しばし立ち止まって雲の流れに移り変わる
風景に見入っていました。
IMG_6676.jpg

IMG_6682.jpg

ひと時の稜線歩きを楽しめば直に中越の分岐です。
このまま進めば上権現堂山ですが、
ここから下ります。
IMG_6687 (640x480)
IMG_0990.jpg
IMG_0994.jpg
IMG_6666_20121106213141.jpg
IMG_6682.jpg

ブナの落ち葉に埋もれた道をカサカサと下ります。
日差しが心地よくブナの林に心地よく差し込みます。
IMG_1000.jpg
IMG_1006.jpg
IMG_6705.jpg
IMG_6706.jpg

いくつもの小さな沢を超えブナの林の中の下りが続きます。
IMG_1010.jpg
IMG_1012.jpg

この頃に駒ケ岳が雲を払って雄姿を見せてくれました。
IMG_1017.jpg

IMG_1014.jpg
IMG_1019.jpg
IMG_6720.jpg
IMG_6717.jpg

下るにつれ川の流れが大きくなると川沿いの杉林の道になります。
IMG_6724.jpg
IMG_6726.jpg

ここまで下れば後はわずかで登山口です。

好天に恵まれ錦秋の山行に心弾ませていただいた1日でした。
やっぱりお山はお日様の元、
青空に囲まれての山歩きがサイコーッ!!








山のぼり | 22:40:04 | Trackback(0) | Comments(0)
鋸山
11月11日

先週に引き続き好天の予報に鋸山に出かけてきました。
朝6時過ぎ朝霧の中家を出ます。
途中コンビニで朝飯とおやつをを調達。
栖吉の奥の登山口に向かいます。
このころには霧も晴れ青空も覗き絶好の紅葉見物と期待できます。
尾根の上部に朝日がさしてきました。
IMG_1027.jpg

昨晩の雨でぬかるんだ道を登ります。
このところの雨の多い日々で、川の水も勢いを増して流れています。
白い流れと紅葉がコントラストを増してきれいです。
小川の淵を通る登山道も川となっていました。
IMG_1031.jpg
IMG_1034.jpg
IMG_1038.jpg

この上のスギ林を抜けると一気に明るくなり周りの黄葉が
輝きだします。

ここからは写真で
「じいじ」の言葉は要りません。(手抜き?!)
IMG_1041.jpg
IMG_1056.jpg
IMG_1058.jpg
IMG_1063.jpg
IMG_1066.jpg

あちこちに現れる風景に目を奪われなかなか歩が進みません。
まぁ、時間はたっぷり有ります。

IMG_1105.jpg
IMG_1104.jpg
IMG_1102.jpg
IMG_1091.jpg
IMG_1080.jpg
IMG_1081.jpg
IMG_1076.jpg
何人もの人を先に見送りのんびりと登ります。

花立の尾根に出ますと背後には妙高連山が眺められました。
火打山が一段と白くなっていました。
IMG_1101.jpg

花立峠を過ぎるとすでに冬枯れのブナ林の道になります。
IMG_1114.jpg
IMG_1124_20121111212549.jpg
IMG_1149.jpg
IMG_1126.jpg

木々の間の黄葉や雪化粧の山々を見ながらアップダウンを繰り返すと、
山頂です。
この頃には見えていた青空もすっかり雲に覆われ、時折薄日の差す
曇り空となってしましました。
黄葉の風景も今一の薄暗い風景になってしました。


おにぎりを食べおやつのロールケーキを食べているころには次々と
登山者が登ってきて、山頂がにわかに賑わってきました。
先客はそそくさと退散です。

下りながらの登りとはいっぷう違う風景を眺めながらのんびりと下ります。
時折日差しが明るくなるとパーッと黄葉が輝きを増します。
そのたびに足が止まります。
IMG_1181.jpg

IMG_1106.jpg
IMG_1162.jpg
IMG_1236_20121111225552.jpg
IMG_1216_20121111225553.jpg
IMG_1181.jpg
IMG_1177.jpg
IMG_1241.jpg
IMG_1242.jpg

登山口の駐車場に戻ると登るときには2~3台の車が、
満車で道路まではみ出していました。
IMG_1246.jpg


思いのほかきれいな紅葉の山に
存分に楽しんできました。

午後には、新潟県立近代美術館へ孫の作品を展示されている
長岡市中学校美術部作品展を見に行ってきました。
大作が展示されていてビックリし、感心してきました。

美術館の屋上から先ほどの鋸山が眺められました。
IMG_6732.jpg
IMG_6729.jpg
IMG_6734.jpg

早起きすると一日が長いです。
夕方にはまた雨の降る肌寒い日となりました。






山歩き | 21:30:47 | Trackback(0) | Comments(0)
時水城山
早くも11月も終盤、最後の日曜日となりました。

好天に誘われ山に向かいます。
予報も日中は好天が望めそうです。
小千谷の展望の望める時水城山へ。
小千谷インターの下を通り時水の集落の奥が
姥清水の湧く登山口となります。
IMG_6748.jpg
IMG_6758.jpg
よく整備された道を登ります。
まだ黄葉の残る道を初冬の陽だまりハイク。
IMG_6762.jpg
IMG_1277.jpg
お日様の力に旅人は上着を脱ぎます。
歩きながら上着を脱ぎます。
IMG_6759.jpg

IMG_6768.jpg

登るにつれ展望が広がります。

市街地の上に輝く守門岳、浅草岳。
IMG_1282.jpg
IMG_1293.jpg

ふもとの山本山の上に逆光の中、越後三山。
IMG_1289.jpg

ますます青さを増す空。
IMG_1339.jpg

初冬の陽光に黄葉がきらめきます。
IMG_1286.jpg
IMG_1329.jpg
IMG_1324.jpg

西の方面の展望が開けると
苗場山から妙高の展望が、
IMG_1301_20121125205152.jpg

火打、焼岳が白く輝いています。

柏崎方面の日本海の上にかすかに佐渡島も見えました。

標高384M、
400m足らずの低山とは思えぬ
大展望です。
日本海から信越国境、上越国境の山々が見渡せました。


あまりの青空にひかれて、
その先の丸山まで、稜線歩きを楽しんできました。

アップダウンを繰り返し、のんびりと展望を楽しみながら歩いて、
40分ほど、丸山山頂です。
IMG_1311.jpg
ここでコンビニで調達したおやつで小春日和にはちょっと寒いティタイム。
日差しはぽかぽかですが、
風が吹くとさすがに冷たいです。
IMG_6813.jpg
IMG_6846.jpg
IMG_6821.jpg

ひとしきり展望を楽しんで、来た道を戻ります。

正面からの日差しがキラキラとまぶしく
お天気の山は楽しく心弾みます。

IMG_6853.jpg
IMG_6846_20121125210151.jpg
IMG_6873.jpg
IMG_6879.jpg








山歩き | 21:02:38 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad