■プロフィール

komeじいじ

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■カテゴリ
■リンク
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

■フリーエリア
明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年も穏やかなお正月を迎えられました。

皆様方にとりましても良い年になりますよう。

元日はお寺と平潟神社へ初詣に行ってきました。
朝のうちはまずまずのお天気でしたが、
朝ゆっくりして参拝に出かける頃には
結構な雨ふりとなってしまいました。

まずはお寺へ、お庫裏で御前様にご挨拶。

続いて智慶(ちけん)様(平潟神社、長岡市民はこの俗称で呼んでいます。)
雨のせいか例年に比べ随分とすいていました。
IMG_1932 (640x480)

お札受け所で交通安全のお守りと、商売繁盛のお札をお受けしてきました。
IMG_1931 (640x480)

今年も平穏な年ななりますよう。

スポンサーサイト
よもやま話 | 15:33:43 | Trackback(0) | Comments(0)
三ノ峠山
年末年始といろいろ忙しくも楽しい日々をすごしまして、
なかなか行けなかったンですが
ようやく山へ行ってきました。
例年登り始めはお弥彦さま参拝を兼ねて登るんですが
今日は朝に赤飯の配達がありましたんで、
弥彦はまたの機会といたしまして、
近くの三ノ峠山としました。

市営スキー場は営業前ですので駐車場は利用できないので、
赤城コマランド前から入りましたら、
小雪で、ファミリーランドの駐車場に入れました。
IMG_1963_R.jpg
IMG_1972_R.jpg

IMG_1935_R.jpg
IMG_1947_R.jpg

支度をしているうちに見る見ろ青空が広がり、
またまた
IMG_1939_R_201401051802375d2.jpg
思っていたより雪が少なく背中のカンジキは所在なくぶらぶらとお供でした。

IMG_1949_R_20140105180240f38.jpg

昨晩の雪で木々の雪の花が日差しに輝いていました。
久々の山歩きがお天気にまぐまれ、ウキウキで歩きます。
IMG_1975_R_201401051804568fb.jpg
IMG_1978_R.jpg
IMG_1980_R.jpg
IMG_1958_R.jpg
IMG_1964_R.jpg
IMG_1955_R.jpg

IMG_1970_R.jpg
緑のイカリソウの葉と雪のコントラスト、

この頃から日差しが雲に隠れ、ちらちらと降り始め、
IMG_1972_R_2014010518100590b.jpg
IMG_1978_R_20140105181006ec1.jpg
あっという間に本格的な雪になりました。
でも、乾いた雪ですので、さほど問題になりません。
そのまま登ります。
IMG_1997_R.jpg
IMG_1982_R_20140105181327d7d.jpg
IMG_2004_R.jpg
急登に「じいじ」はおいていガレます。


悠遊小屋を過ぎ
IMG_1984_R_201401051818088ef.jpg

山頂に着くころには再び青空が、
日差しが戻りました。
IMG_1991_R_20140105181802e09.jpg
IMG_1994_R.jpg
IMG_2009_R.jpg
IMG_1995_R_201401051818056b9.jpg
山頂の積雪計、約1M近く、例年に比べ随分と少ないです。

ちらちらと風花が日差しに光ります。
山頂のシンボルツリー、大杉の根元をお借りして、
コーヒータイム。
IMG_2016_R_20140105182139566.jpg
IMG_2024_R.jpg
まだまだスギ花粉は大丈夫です。
近所にオープンしたての7-11で購入した、ロールケーキをいただきます。
あつあつコーヒーで暖まった体が冷えないうちに下ります。

雪道の下りは早いです。
よく踏まれた雪道に長靴のピンが心地よく効いてくれます。
IMG_2009_R_20140105182328246.jpg
IMG_2012_R.jpg
IMG_2024_R_20140105182330822.jpg
色の良い天蚕、

IMG_2046_R_20140105182509cfa.jpg
IMG_2064_R.jpg
IMG_2047_R.jpg
マンサクの実の殻です。花はまだ先ですネ。

IMG_2070_R.jpg

写真を撮りながらでも30分余りで駐車場に戻りました。

帰りになりましたが、悠久山の蒼紫神社に参拝してまいりました。





山歩き | 18:01:28 | Trackback(0) | Comments(0)
1月7日
今日はナント!一日快晴!
早朝は冷え込んだものの日差しとともに気温が上がり、
最高気温は6.3度
とても越後長岡の1月初めとは思えません。

このままとは行かないでしょうが、
もう少し積もらなければ大雪は避けられそうです。

配達の途中郊外から、
IMG_2079_R_201401072218542a5.jpg
青空に浮かぶ三日月と飛行機雲、

IMG_2085_R_2014010722185706e.jpg
おなじみ、守門岳、
IMG_2086_R.jpg
アップで、中央が大岳、

IMG_2083_R.jpg
こちら粟ガ岳、

綺麗でしょう?

アーーーーーーーーッ、
仕事なんかしてらんねェ
山いきてーーーーーーーーーーッ!!!!!



よもやま話 | 22:25:05 | Trackback(0) | Comments(0)
弥彦山
毎年恒例になっている越後一之宮「お弥彦さま」へ
初詣に行ってまいりました。

朝起きると雲間に朝日が覗き期待が持てましたが、
IMG_2088_R_20140112190216db8.jpg

車を走らせるにつれ、降ってきて時折先の見通しが悪くなるほどでした。
最悪、本殿の参拝だけでもと神社の駐車場に着き
トイレを済ませると小降りになり、
身支度を終えると綺麗に止んでくれました。
IMG_2043_R.jpg
IMG_2045_R_20140112190444c9d.jpg
IMG_2089_R.jpg

8:30頃、本殿に参拝。
まだ参拝者を迎えるために除雪の最中でした。ご苦労様です。
IMG_2092_R.jpg
IMG_2091_R.jpg

神社のわきのうっそうとした杉林の道から登ります。
晴れていても薄暗い道が、いっそう暗いです。
IMG_2095_R.jpg

時折あられが降りますが、直に止んでくれます。
IMG_2098_R.jpg

1合目、2合目とジグザグに登り、
3合目を過ぎると急に積雪が多くなります。が、
大勢の人たちが登り、しっかりと踏まれているので問題なく歩けます。
IMG_2107_R_20140112192424c32.jpg


結構な急登にゼイゼイハァハァと息を切らせ登ると4合目、
なお急登を頑張ると5合目。
IMG_2065_R.jpg

ここからトラバースの道となり、少し休めます。
IMG_2066_R.jpg
IMG_2115_R.jpg
IMG_2120_R.jpg
IMG_2117_R.jpg

危険な岩場もしっかりと踏まれた雪道となっていて、
問題なく登れます。
IMG_2118_R.jpg

ますます雪が多くなり、ガスも濃くなって、
幽玄のモノクロの世界となります。
IMG_2070_R_20140112193237a52.jpg
IMG_2069_R_2014011219323647d.jpg
IMG_2082_R.jpg

8合目を過ぎ急登をひと頑張りで、9合目、
稜線に出ます。
日本海から吹き上げてくる風に、
木々には霧氷が付いていました。
IMG_2139_R.jpg
IMG_2143_R.jpg
IMG_2142_R.jpg
IMG_2146_R.jpg
風を避けるように帽子をしっかりとかぶり、
山頂へ向かいます。
IMG_2135_R.jpg
一登りで放送局の中継所前を通ると山頂です。
IMG_2147_R.jpg
IMG_2103_R.jpg
IMG_2101_R.jpg

御神廟に参拝、
冷たい風が吹きつけますので、
すぐに下ります。
IMG_2149_R.jpg

9合目に着くとナント急にガスがはれ、
ふもとの日本海が見えました。
写真ではわかりませんが佐渡島もうっすらと確認できました。
IMG_2170_R.jpg
IMG_2175_R.jpg
越後の634mが青空のもとそびえます。
レストハウスのロビーをお借りして、
コーヒータイム、

一瞬の晴れ間もすぐにまたガスの中、
IMG_2183_R.jpg
IMG_2181_R.jpg
IMG_2176_R.jpg

休むと寒くなるので11時過ぎ、早々に下ります。
IMG_2213_R.jpg

まだまだ大勢の人たちが登ってきます。
道を譲りながらの下りです。
IMG_2205_R.jpg
途中の東屋の温度計、

時折霰の降る中下りてきました。
IMG_2120_R_20140112200217b33.jpg
IMG_2121_R.jpg
IMG_2124_R.jpg

本殿には朝と違い大勢の参拝者でにぎわっていました。
お礼まいりの後、家内安全のお札をお受けしてきました。
IMG_2242_R.jpg
IMG_2246_R.jpg

帰りに寺泊のアメ横によって、
夕飯のつまみとおかずを買って帰りました。
IMG_2250_R.jpg
IMG_2249_R_20140112195759760.jpg






山のぼり | 17:54:33 | Trackback(0) | Comments(0)
とうとう
前々からほしかった山道具、
いよいよ決断して、
購入しました。
スノーシューです。
ちょっと高かったんですが、
アウトドアショップ「パーマーク」でスタッフに勧められ、
「じいじ」は
TSL 325エスケイプイージー
名称未設定 2

「ばあば」は同じモデルのレディスの
TSL 305エスケイプイージー
名称未設定 1

それぞれ30%OFFで購入!!
昨日、弥彦から戻って買いに行ってきました。

今日は午前中は仕事がありましたので、
午後ファミリーランドへ、

IMG_2254_R.jpg
IMG_2253_R.jpg

風はあるものの時折青空の覗く天気に期待していったんですが、
除雪終了点の赤城コマランド前に車を止めるころから降り始めました。
せっかくなんで行ける所まで、
IMG_2128_R_20140113165537b59.jpg
IMG_2260_R.jpg
IMG_2126_R.jpg

しかし歩き始めるとますます雪、風が強くなり、
ファミリーランドの中間から上に出るころには
吹雪状態となってきました。
ここまで降られるとは思わずに、
合羽のズボンを履かずにきたもんで、
湿った雪で、ズボンが冷たくなってきました。

雪山をなめたらアカン!というわけでここで退散します。

登りは追い風でしたんで、帰りは向風。
湿った雪で、下を向いて歩いても顔はグチャグチャ、
「じいじ」は鼻水も垂れてきて、
いっそうグチャグチャ、
とても人に見せられる顔じゃ無い状況で戻ってきました。

急坂で「イージーアップヒールリフター」の効果を試したかったんですが、
また次回ということで、
越後の湿った重い雪でも結構浮力を感じ、
カンジキと一緒に重い雪を持ち上げることもなく、
さすが威力を実感できました。
年々年を重ね、体力の落ちている「じいじ」と「ばあば」、
道具で補うしかありません。
本格的に使う日が楽しみです。

ただネットで調べた結果、HPを開くたびに
スノーシューのCMが入りうっとうしいです。
もう買ったんだから勘弁してーー!!



山歩き | 16:56:38 | Trackback(0) | Comments(0)
東山
今日は夕方から町内の新年会。
それまでは久々のフリーの日曜日。
先週は少ししか歩けませんでしたスノーシューのデビューです。

市営スキー場の駐車場に車を止めます。
先日オープンしたてのスキー場、
今日は第三日曜日。子供無料ということですでにたくさんの人で賑わっていました。
IMG_2263_R_20140119161841f7a.jpg
IMG_2264_R.jpg

駐車場のわきから登り始めます。
青空がのぞき期待が持てます。
IMG_2265_R.jpg
IMG_2268_R_20140119161843f4d.jpg
IMG_2266_R.jpg

ノントレースの斜面から登ります。
IMG_2269_R.jpg
IMG_2132_R_201401191623037c3.jpg

IMG_2140_R.jpg
急登一登りでなだらかなキャンプ場の中を登ります。
IMG_2282_R.jpg
IMG_2279_R_2014011916242076e.jpg
カマキリの卵も1mくらいの所にありました。
IMG_2278_R.jpg
IMG_2166_R.jpg

IMG_2137_R_20140119162418e46.jpg
時折膝まで潜ります。交代でラセルラッセル、

木々の間からスキー場。
反対は日差しに長岡市街が輝いています。
IMG_2134_R_20140119162735372.jpg
IMG_2284_R.jpg

ますます青空が広がり、
日差しも、
IMG_2291_R.jpg
IMG_2178_R.jpg
IMG_2170_R_20140119163340d50.jpg
IMG_2174_R.jpg
IMG_2298_R_20140119163337360.jpg

木々が輝きを増し、
青空に映えます。
IMG_2337_R_20140119164006bfe.jpg
IMG_2309_R_20140119164007efc.jpg
IMG_2328_R.jpg
IMG_2329_R.jpg

日差しに、テンションが上がります。
IMG_2334_R.jpg

トラバースの夏道を避け直登します。
ひざ上まで潜ります。
IMG_2319_R_20140119165331066.jpg

ここまで登ると風が冷たくなってきました。
雪も深くなります。
IMG_2178_R_201401191708589aa.jpg

IMG_2337_R_2014011917085531d.jpg
IMG_2346_R_20140119170856169.jpg

急登をひと頑張りで、
IMG_2184_R.jpg
IMG_2187_R.jpg
ブナ平。
IMG_2192_R_2014011917112189e.jpg
急登に、「イージーアップヒールリフター」が威力を発揮、カンジキに比べ、
ずいぶんと楽に登れたよう??、な気がしました。

予定通りここを終点とします。
こんなお天気なら、もう少し先の稜線までと思いましたが、
昼食を持たずにおやつだけしか持ってきていませんので、
ここまでとします。

青空のもと、コーヒータイム。
IMG_2357_R.jpg
IMG_2354_R_20140119171123c1c.jpg
IMG_2358_R_2014011917112705e.jpg
でも傘が必要です。

風が吹くと木々に積もった雪が
ドッサーっと落ちてきます。
油断するとこんなんなります。
IMG_2360_R.jpg

下り始めるとすぐに降りだし
IMG_2375_R.jpg
IMG_2378_R.jpg
一時、吹雪となりましたが又直に青空が戻りました。
IMG_2201_R_20140119171735483.jpg
IMG_2202_R_20140119171734779.jpg
IMG_2204_R.jpg
IMG_2212_R.jpg

私たちの後4人の方が登ってきて、
くだりには綺麗に道ができていました。
IMG_2394_R.jpg
IMG_2398_R.jpg

青空の下、
IMG_2382_R_20140119172218609.jpg
IMG_2384_R.jpg
IMG_2390_R.jpg
戻ってくるとスキー場は大賑わいでした。
IMG_2401_R.jpg
IMG_2404_R.jpg

スノーシューの効果が実感でき、
この時期、まずまずの好天に恵まれ大満足でした。

家に戻り、片山温泉にゆっくりとつかり、
冷えた体を温めて、
まったりとすごし、
「じいじ」はこの後町内会の新年会です。



山歩き | 16:35:04 | Trackback(0) | Comments(0)
昨日の続き
昨日の東山、
今日は大寒、
昨日も一日晴れ間がのぞいてもなかなか気温が上がらない一日でした。

そんな冬の中、山の木々も春を待っていました。

まだまだ硬いつぼみも少し膨らんだような。
IMG_2277_R.jpg
マンサク

IMG_2320_R.jpg
コブシかな?

IMG_2289_R.jpg
タムシバ

IMG_2151_R.jpg
クロモジかな?

今年のマンサクはどうかなぁ、
昨年の実のガラがたくさん。
IMG_2352_R.jpg
IMG_2340_R.jpg
IMG_2341_R_20140120205707df4.jpg
IMG_2181_R_20140120205707727.jpg

昨年は花がいっぱい咲いていました。
マンサク尾根 クリックして見てください。

どうやら豊作と裏作があるようです。
それでも間もなく訪れる春が楽しみです。

モノクロの雪景色の中にも
自然はちゃんと彩りを残しています。
IMG_2149_R_201401202102122b8.jpg
IMG_2397_R.jpg

IMG_2403_R.jpg
IMG_2323_R_20140120210214c30.jpg

IMG_2267_R.jpg
IMG_2321_R.jpg
IMG_2308_R_20140120210803ff6.jpg
IMG_2384_R.jpg
白黒の世界も青空に映えますが、
わずかに残る色が帰って鮮やかさを増します。
カメラを通すといまいちですが、
日差しの中、目には鮮やかでした。

春の兆しを感じられる日も近いでしょう。



よもやま話 | 21:16:56 | Trackback(0) | Comments(0)
1月26日
早くも1月最後の日曜日。
寒中とは思えない一昨日の快晴。
昨日も曇りながら雪が解ける気温でした。

どうやら今年は大雪にはならないようです。期待

今日も朝から雨ふりでした。

いよいよ長男以後10年お世話になった保育園、
最後のお別れ演奏会となりました。
リリックホールへ行ってきました。

IMG_2413_R.jpg
IMG_2420_R_201401261532431c3.jpg
IMG_2422_R.jpg
IMG_2436_R.jpg
IMG_2440_R.jpg
和太鼓の演奏、合奏、合唱と良くもここまで教えてくださった。
先生方に感謝。
感動!! ありがとう!!

家に帰ってお昼をみんなでいただきました。

これからお楽しみ、
友人のHご夫妻と恒例の新年会です。
おいしいお酒を用意しました。




よもやま話 | 15:44:09 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad