FC2ブログ
 
■プロフィール

komeじいじ

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■リンク
■カテゴリ
■月別(表示数指定)

■ブログ内検索

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア
東山周回
シルバーウイーク最終日、
テレビでは観光地の混雑状況が報道されています。
2週間後の報道が思いやられます。

「じいじ」「ばあば」は人気のない所へ、
東山周回コース、
IMG_1444sep_22.jpg
先ずは見晴し尾根コースの急登から、
全く人の気配はなく、
所どころ薮っぽくなっていました。
IMG_7703sep_22.jpg
IMG_1470sep_22.jpg
ツルリンドウの赤い実、
IMG_1445sep_22.jpg
ホツツジ、
IMG_1460sep_22.jpg
ツリバナ、
IMG_1461sep_22.jpg
ツルニンジン、
IMG_7708sep_22.jpg
IMG_7714sep_22.jpg
すこし秋の気配です。
下界は霞んでいましたが、
IMG_1483sep_22.jpg
うっすらと佐渡も確認できました。

稜線の車道には、
ススキの穂が輝き、
IMG_1502sep_22.jpg
萩や、
アザミ、
IMG_1507sep_22.jpg
アキノキリンソウが秋の彩、
IMG_1505sep_22.jpg
IMG_7721sep_22.jpg

日陰の涼しい所でお昼にします。
今日のお昼はお彼岸ですので、
「ばあば」手作りの「おはぎ」です。
食べきってしまい写真は有りませんがウンメェかったです。
今年はなかなか見られなかった花火、
IMG_7719sep_22.jpg
IMG_7724sep_22.jpg
山の上ではきれいに打ち上げられていました。

IMG_7722sep_22.jpg
火打沢コースを下ります。
滑りそうな急坂を一下り、
途中山芋の子、ムカゴを収穫、
IMG_7735sep_22.jpg
クルミ林で、クルミ拾い、
と此処までは予定通りでしたが、
ここからが非常事態に、
道のあちこちが掘り返され、
IMG_7732sep_22.jpg
IMG_7731sep_22.jpg
明らかにイノシシの真新しい足跡が、
IMG_7730sep_22.jpg
2月のイノシシ狩りが失敗でったそうで、間違いなく生息しています。

この先が、見慣れた道と打って変わって、
確か道だったはずが只の草藪に、
IMG_7734sep_22.jpg
足下が見えません、踏み外さないよう、以前の勘を頼りに下ります。
杉林に入ると道は明瞭ですが、
その先がまた薮で、
ジョロウグモの頑丈な巣が、バリバリと音を立てて顔に掛かります。
足下の見えない岩につまずいたり、
たいして暑くも無いのに全身汗だくで、下ります。
ようやく登山口の橋が見えほっとしました。

此処からの車道も両脇の草が思い切り繁り、
IMG_1512sep_22.jpg
何時もの川を眺めながらの道とは全く違いました。
IMG_1515sep_22.jpg
ちょっと見えた川原、

ヘトヘトになって車に戻りました。
目的のクルミとムカゴは収穫できたものの
ある意味思いで深い
市役所発行のハイキングコースに掲載されているとは思えない、
薮漕ぎの体験でした。
車に戻り、帰り支度をしていると
犬ずれの4人組が登ってこられ、
「この先はどんなですか?」と尋ねられたので、
「すごい薮で危険です、」と答えると見晴し尾根を登って行かれました。
登山口にこの先薮、と一言書いてほしいものです。



スポンサーサイト





山歩き | 20:59:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する