FC2ブログ
 
■プロフィール

komeじいじ

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■リンク
■カテゴリ
■月別(表示数指定)

■ブログ内検索

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア
権現堂山Ⅱ
昨日、権現堂山の続きを書くつもりでしたが、
男子バレーW杯 セルビア戦が面白くついつい応援に熱が入って
見入ってしまいました。
とは言え、最終セットの途中でダウンしましたが…
もう勝ったかと思ったんですが…
111124_vol_ishijima.jpg
 (http://sportsnaviより)
後半もいい試合してたんですがねぇ

23日の続きです。


ホントに一日だけのいー天気に恵まれた
ラッキーな山登りでした。
IMG_7566_R_20111125204826.jpg

IMG_7537 (800x533)
登り始めは長靴で大丈夫と思って登り始めたんですが、
登るにつれぐんぐん積雪が多くなり苦戦しました。
今更ながら反省しきりです。
車の中にはスパッツもカンジキも用意して行ったんですが…
甘かったーーッ

まだ日の差し込まぬ、戸隠神社の登山口を歩き始めます。
ひんやりとした空気が身を引き締めます。
杉並木の中、薄暗い参道の石段を登り、
今日の無事を祈って登山口に向います。
うっすらと積もった雪を踏んで、
ジグザグと登り、
IMG_7533 (800x533)
権現堂山IXY_005 (800x600)
体が温まると、業の秤、大きな松の木がそびえ、
少し展望が開けます。
眼下の集落には朝霧が立ちこめています。
その上には、遥か妙高連山が朝日に輝いて見えていました。
IMG_7539_R.jpg

ここからは低灌木の尾根の急登となります。
権現堂山IXY_012_R
じきに山並みから朝日が差し込みます。
IMG_7542_R.jpg

一気に体が温まり、汗が吹き出します。
ナナカマドの名残りの紅葉も鮮やかに輝きだします。
IMG_7554_R.jpg
IMG_7546_R.jpg
IMG_7564_R.jpg

白くまばゆい雪のかなたに、青空の中に山頂が見えてきます。
IMG_7561 (800x533)

ひとしきり急登を登り、
汗が流れるようになり、一息つくと背後に
越後三山の山並みが大きく聳えてきます。
IMG_7556_R.jpg

この辺りから登るにつれ急に積雪が増えてきます。
先行者が一人足跡を残してくれてあるんで、
ずいぶん助かりますが、多い所では長靴が埋まるくらいあります。
一歩一歩が足を大きく上げての登りとなります。
IMG_7566 (533x800)_R


登る度に青空の中、風景が鮮やかな姿を見せてくれます。
ついつい立ち止まり立ち止まりの登りになります。
まぁ、時間はたっぷり有りますから…
IMG_7617_R.jpg
IMG_7620_R.jpg
IMG_7625_R.jpg
IMG_7621_R.jpg
IMG_7645_R.jpg
えちごのブナの美女、
IMG_7597_R.jpg
美女の落し物、

IMG_7601_R.jpg
IMG_7710_R.jpg

気持ちのいい青空の下、
のんびりと登ります。
  (本音は休み休みなんです。)
IMG_7592_R.jpg


ブナ林の急登を登ると、左にトラバースの道となり、
IMG_7641_R.jpg
IMG_7642_R.jpg

じきに水の音が聞こえると
大岩の下にコンコンと湧き流れる弥三郎清水です。
IMG_7646_R.jpg
喉を潤します。
甘露、甘露、するすると喉通ります。
山頂での至福のコーヒー用の水を汲みます。楽しみです。

ここから難所の登りが待っています。
IMG_7650_R.jpg
大岩の間を登ります。
夏場は吹き上げる風が心地よい場所ですが、
雪付きの道、ずるっと行ったら怖いです。
そこで先行者の後を追って高巻く事に、
藪こぎです。
ほんの十数メートル程なんですが、
半端に積もった雪がずるっと足下をすくい、
枝につかまった手に全身の体重がかかります。
汗まみれになってようやく岩の上に出る事が出来た時には、
ホッとしてドット疲れが出ました。

後は山頂に向け一登りです。
IMG_7653_R_20111125225903.jpg
IMG_7659_R.jpg
IMG_7654 (800x533)

ようやく山頂です。
IMG_7663_R.jpg

眼前の守門岳
IMG_7675_R.jpg
権現堂山IXY_073_R

浅草岳から毛猛山方面
IMG_7691_R.jpg

駒ヶ岳
権現堂山IXY_075_R

八海山、 右には巻機山。
権現堂山IXY_074_R

IMG_7672_R.jpg
と、コーヒーで至福の昼食を済ませ、
少し風が出て来て、肌寒くなりましたんで、
名残り惜しみながら、下りにかかります。
権現堂山IXY_084_R
空には薄雲が広がってきました。
IMG_7690_R.jpg
IMG_7691_R_20111125234634.jpg

とは言え、まだまだ日差しが高いです。
権現堂山IXY_087_R
IMG_7696_R.jpg
IMG_7697_R.jpg

下るにつれ、気温が上がり、小春日和となりました。
権現堂山IXY_102_R
権現堂山IXY_100_R

足下の雪が解け、小さな川となって流れています。
「ばあば」と「春山みたいだね、」と言いながら、
汗をかいてまたまたのんびりと下りました。


IMG_7746_R.jpg
IMG_7747_R.jpg
IMG_7735_R.jpg
IMG_7742_R_R.jpg
それでも、13時登山口到着。
久しぶりの好天に恵まれて、
足下はビチョビチョになりながらも、
小春日和の雪山を存分に楽しむことが出来ました。

ずーっと雨の日曜だっただけにひとしおうれしい一日でした。
好天に感謝!!
山は最高ーッ
スポンサーサイト



山のぼり | 23:20:05 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-12-03 土 15:35:38 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する