FC2ブログ
 
■プロフィール

komeじいじ

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■リンク
■カテゴリ
■月別(表示数指定)

■ブログ内検索

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア
マンサク尾根Ⅱ
3月18日

今日は昨日と変わって朝から曇り空。
お昼頃には暖かい南風が吹き、
気温がぐんぐん上がりました。
国道の温度表示は18度を表示していました。

夕方からは雨となりました。

このところお天気の変化がめまぐるしく
春らしい陽気となっています。
気象庁のアメダスの値も昨日の最高気温が14.5度となり
長岡の積雪が0センチとなりました。

昨日の続きはこちらから
すみません、少々残業がありまして、写真が間に合いませんでした。
あらためてアップいたします。





17日の続き

久しぶりの青空の下、
山を楽しめて心はまさに
ハレバレで~す。

朝7時半
いつもの場所から歩き始めます。
朝日が雪に反射して眩しいです。
IMG_1504.jpg
IMG_1523.jpg
雪は朝の冷え込みで締まって歩きやすいです。

急登ひと登りで先回にもマンサクの咲いていたところです。
さらにたくさん咲いていました。
IMG_1544_20130319211454.jpg
IMG_1519_20130319211453.jpg
IMG_1538_R_20130319211453.jpg
IMG_1553_R_20130319211453.jpg

今日は朝日の中、一層輝きを増して黄色がきれいです。
IMG_1607_20130319211536.jpg
IMG_1579_R_20130319211535.jpg
IMG_1603_R_20130319211535.jpg
IMG_1587_R_20130319211535.jpg
IMG_1578_20130319211534.jpg

さっそく撮影会です。
IMG_1715_20130319211642.jpg
IMG_7597_R_20130319211642.jpg
IMG_1697_R_20130319211641.jpg
IMG_7524_R.jpg
IMG_1612_R.jpg

東山の稜線までは2Kmほどの行程です。
時間はたっぷりあります。
まぁの~んびりと楽しみましょう。

あっちを向いてもマンサク、こっちを向いても、
上を見てもマンサク、
それぞれ少しずつ変化があってまるで美人(イケメン)モデルの撮影会、
とくに今年のモデルは当たり年のようです。
今まで見たこともないほどたくさん花をつけていました。
IMG_1711_R.jpg

ようやく第1鉄塔、
さらに青空が広がりポカポカ早春の日差しが暑いくらい、
IMG_7551.jpg
IMG_7552.jpg

その先の林の中でますます多くのモデルのお出迎え、
IMG_1640_20130319212022.jpg
IMG_1638_20130319212022.jpg
IMG_1655_20130319212023.jpg
IMG_1683_20130319212023.jpg
IMG_1651_20130319212023.jpg


あっちをパチリ、こっちをパチリ、
上を向いて下を向いてパチリ、パチリ
フィルムカメラでなくて良かった~~~

たっぷり撮影会を楽しんで、
先へ登ります。
第二鉄塔、
すっかり高くなった日差しが照りつけ上から下から照りつけます。
IMG_1728_R_20130319211915.jpg
IMG_1690_R_20130319211915.jpg
その先の林の中にもたくさんのモデルたちが待ち受けていてくれました。
IMG_1804_R_20130319212412.jpg
IMG_1753_R_20130319212411.jpg
IMG_1755_R.jpg
IMG_1792_R_20130319212413.jpg

何度も言いますが時間はたっぷり、
お天気はピーカン、
こんな好条件はめったにありませんッ。
たっぷり楽しみましょう。
IMG_1990_R_20130319212514.jpg
IMG_1967_R_20130319212513.jpg
IMG_1833_R_20130319212513.jpg
IMG_1805_R_20130319212512.jpg
IMG_1822_R_20130319212512.jpg
IMG_7845_R_20130319212545.jpg

やせ尾根では雪庇が落ちそうです。
すでに夏道が出ていました。
IMG_1776_R_20130319212632.jpg
IMG_1779_R_20130319212632.jpg

最後の急登ひと登りで、稜線への緩やかな尾根になります。
さらにここでもモデルお出迎えです。

遠くは霞んで展望は利きませんでしたが、

のんびりと心地よい尾根を歩けば東山稜線です。
IMG_1816_R_20130319212754.jpg
IMG_1851_R_20130319212755.jpg

たっぷりとモデルさんに足止めをされ、3時間近くかかっていました。

ますます真っ青な青空の下、目の前に大きくすそ野を広げてそびえる守門岳。
ちょっと霞んでいました。

稜線は風が冷たいんで、
少し下がって、風をよけてお昼です。
今年初めてのフルコース。
IMG_1864_R_20130319204404.jpg
IMG_1869_R_20130319204405.jpg
IMG_7752_R.jpg
IMG_1875_R.jpg

頭上の青空に飛行機雲が鮮やかに光ります。
IMG_1871_R_20130319204202.jpg

例によって小一時間、

ランチを済ませて稜線に戻ると歳ほどの霞がとれて
周りのお山が一層きれいに輝いていました。
パノラマ
クリックで大きくなります。

まだまだ真っ白な守門岳、
IMG_1887_20130319204849.jpg

粟ガ岳、その左には飯豊連峰が白く光っていました。
IMG_1907_20130319204849.jpg

後は来た道をのんびりと下ります。
IMG_1919_R_20130319204849.jpg

妙高連山 残念ながら里山の嘆き、送電線がじゃまです!
IMG_1911.jpg

こちらは米山さん。
IMG_1913.jpg


モデルさんたちも朝とはまた別の容姿を見せてくれます。
IMG_7810_R_20130319205720.jpg
IMG_7643_R.jpg
IMG_1667.jpg

妙高山、火打山とマンサク
真ん中の山は刈羽黒姫、
IMG_1936.jpg

米山とマンサク
IMG_1932.jpg


さらに気温が上がり、登った足跡が消えかかっている所も、

他にも
赤っぽいマンサク
IMG_1748_20130319215822.jpg
IMG_2008_R_20130319215822.jpg
IMG_1667_20130319215821.jpg

これから開く若いマンサクは色が濃いです。
IMG_1714.jpg
IMG_7561_R.jpg

雪の上の亀!?
IMG_1756_R_20130319220313.jpg
IMG_1562_20130319220313.jpg

サインはV!!!
IMG_1576_R_20130319220314.jpg
IMG_2006_R_20130319220312.jpg

まだまだつぼみに固い、コシアブラ
もうちょっと先が楽しみです。
IMG_1982_R.jpg

IMG_2015_R.jpg
IMG_2013_R.jpg
IMG_2016_R.jpg

ようやく車の所に戻ったのが1時半近く、
たっぷりと6時間の山遊び。

青空の下、たっぷり堪能させて戴きました。

追伸
「じいじ」はお肌ケァは致しませんので、
鼻の下はゴワソワ、おでこはカサカサ、
直に一皮むけそうです。



スポンサーサイト



よもやま話 | 18:08:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する