FC2ブログ
 
■プロフィール

komeじいじ

Author:komeじいじ
FC2ブログへようこそ!

越後長岡の米屋の「じいじ」と「ばあば」のよもやま話と孫の自慢と時々山登りの話を聞いてください。越後の米の事や、田んぼの様子も見てください。

■最近の記事
■リンク
■カテゴリ
■月別(表示数指定)

■ブログ内検索

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

http://komesen.web.fc2.com/

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア
天空のぶな林
いよいよ11月に入りました。
2ヶ月表示のカレンダーは残り一枚となりました。

今日は朝一に「ばあば」に親せきから電話があり、
野菜を戴く事になり、行ってきました。

この頃には朝方の曇り空が、すっかり青空になっていました。
しかし午後からは雨の予報。
と、なれば晴れ間のうちに出かけましょう。
戴いた野菜の始末もそこそこに出かけてきました。

以前「新潟日報」に紹介されていた、天空のブナ林へ、
長岡の東山の南端の山の、猿倉山の山頂部になります。
一路長岡の奥座敷、蓬平を目指します。
温泉の手前から猿倉岳の方へ、
山道を少しで広い駐車場があります。
林道は山頂近くまで伸びていますが、
ここから登山道の長坂コースへ歩きます。
IMG_4573_R_20141102210540823.jpg
IMG_4579_R_20141102210542a63.jpg
IMG_3816_R.jpg
IMG_3819_R.jpg
IMG_4588_R_20141102210543efe.jpg

ちょっと奥の院への車道を歩けば標識があり長坂コースの
登山口があります。よく刈りはらわれた萱の道から登ります。
IMG_3822_R_201411022106552f7.jpg

直ぐに登山道らしくなり、急登です。

突然足下で生き物の動く気配が、
ぎゃーーーーー!!!!
マムシです。
IMG_3823_R.jpg
陽だまりで日向ぼっこの邪魔をしたようです。
彼も驚いて草藪に逃げて行きました。
尻尾でも踏んでいたら……、ゾッとしました。

ジグザグのの急登が続きます。
陽ざしに黄葉が輝ききれいです。
IMG_4604_R.jpg
見た目より急登です。
IMG_4599_R_20141102210812e09.jpg

11月とは思えない陽ざしに汗が噴き出します。

秋色真っ盛りの中を登ります。
足下にはツルリンドウの赤い実がいたる所に輝いています。
IMG_4610_R.jpg
IMG_4611_R_201411022108189ca.jpg
IMG_4635_R.jpg
IMG_4634_R_2014110221102412e.jpg
ようやく傾斜が緩むと周りはブナやミズナラの林となり。
黄色が鮮やかに目に飛び込んできます。
IMG_4620_R.jpg
IMG_4621_R.jpg
IMG_3844_R_20141102211631efc.jpg
ブナの巨木、大きすぎてこんな表現になりました。
IMG_3846_R_201411022116331b9.jpg
大蛇の岩倉。

IMG_4619_R_2014110300344212b.jpg
IMG_4623_R.jpg
IMG_4631_R_20141103003445a49.jpg
IMG_4637_R_20141103003446b1b.jpg
IMG_4641_R.jpg

直に稜線に出るとからの林道に出ます。
ここからは稜線の林道歩きです。
ところどころ越後の山並みが望めます。
IMG_4657_R_201411022119166a5.jpg
左端の守門岳は雲がかかっています。浅草岳、毛猛山塊。

IMG_3872_R_2014110221222351b.jpg
越後三山。

眼下には種芋原の集落が、
IMG_4646_R.jpg
IMG_3850_R.jpg

山並みがぶな林に変わると
道路もブナの落ち葉で埋め尽くされています。
IMG_4663_R.jpg
IMG_3858_R_201411022119344d0.jpg
IMG_3873_R.jpg

いよいよ天空のぶな林です。
足下は落ち葉でびっしりと埋め尽くされています。
雪国特有の木肌の美女が林立しています。
曇り空のもとでも白く浮立っています。
茶色い落ち葉の中に一層鮮やかです。
IMG_4666_R_201411022123539e0.jpg
IMG_4668_R.jpg
IMG_4670_R.jpg
IMG_3862_R_20141102212351d95.jpg
IMG_3860_R_20141102212349724.jpg
IMG_4675_R.jpg
IMG_4678_R.jpg
IMG_4680_R.jpg
IMG_4683_R.jpg

猿倉岳山頂を過ぎると直に車道へと出ました。
IMG_4685_R.jpg

ここからろくに下調べもせずに来たせいで後悔することに、

延々と車道を時折通り過ぎる車をよけながら
1時間以上歩く事に。
IMG_4700_R.jpg
IMG_4697_R.jpg
IMG_4693_R_20141102213041ef0.jpg
IMG_4690_R.jpg
曇り空がますます危なげな空模様になり、
もうじきと思われる頃にはいよいよ雨粒が、
傘をさして歩くとようやく駐車場に、

いやいや登りより辛い舗装道路の下りでした、
身支度をしていると同じコースを下りてきたご夫婦が、
やはりこの長ーい車道歩きに辟易したと同じ感想でした。
こんなんなら山頂から往復コースを下りてきた方が良かったと、

帰りに高龍神社へ参拝してまいりました。
IMG_3878_R_201411022132124ee.jpg
IMG_3879_R.jpg
IMG_3880_R_20141102213216575.jpg
IMG_3882_R.jpg
この頃には雨も本降りとなっていました。
IMG_4710_R.jpg

参道の茶屋で、お昼と思って参拝の後立ち寄ったら
目の前でシャッターを下ろされ、聞いたら午前中のお天気で
参拝者が多く立ち寄り品切れで閉店とのことでした。

お土産を買って本降りの中、戻ります。

帰りにスーパーで買い物をして帰り、
ひと風呂浴びてキューっと一杯、ウンメーーッ

夕食後、足が悲鳴を上げています。
明日は大丈夫かな・?


スポンサーサイト





山のぼり | 21:36:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する